自動車保険とレンタカー

アドセンス

レンタカーの季節(行楽シーズン&お盆休み)になりました。
旅行や帰省でレンタカーを借りる方も多いと思います。
レンタカーで万が一、交通事故に遭ってしまった場合は自動車保険はどうなるのか?
簡単にご説明を。

レンタカーも基本的には自動車保険に加入しています。その保険を使うことももちろんできます。
が、もしレンタカーで交通事故に遭うと過失の有無は問わずNOC(ノン・オペレーション・チャージ)という補償金をレンタカーを借りた本人が支払わなければなりません。
NOCはレンタカー会社が自社の営業車(レンタカー)が事故に遭って修理などで営業に使えない場合を想定して、設定したお金です。
機会損失とでも言いましょうか。
レンタカー会社としては休業損害の扱いです。(本来の意味での休業損害ではありません)
NOCは自動車保険とは無関係の、レンタカー会社とレンタカーを借りた人の間で交わされる契約で確認されます。
金額は自走可能な損害なら2万円、自走不能なら5万円程度が一般的です。
なお、NOCはどんなに小さなこすり傷でも課されることになっています。
事故当事者にとっては、強制的に設定された免責金のようなイメージです。
また、レンタカーに乗っている時の交通事故でも、条件によってはご自分の自動車保険を使うこともできます。
他車運転危険特約を適用することになります。
この特約はものすごく要約して言うと、自分の車以外の自動車を運転していた時に遭った交通事故の損害を、自分の自動車保険を使って対応するというものです。
レンタカーの自動車保険の内容とご自分の保険内容によっては、得なケースもあります。
ただし通常の保険使用と同じく等級は下がります。
また、他車運転特約は条件が複雑です。通常はレンタカーではあまり使う機会がないようにも思います。

レンタカーでもしも交通事故に遭ってしまい自動車保険を使う場合も、不安があればご自分で契約している保険会社に相談してみるのをお勧めします。
事故状況を簡単に伝えて、不明・不安な点を聞いてみましょう。
他車運転特約について問い合わせてみてもいいですね。
交通事故は不幸なトラブルですが、その事後処理をサポートするのが自動車保険の役目です。
基本的には金銭面でのサポートになりますけれど、せめて負担を軽くするため、納得のいく解決が出来るよう不明や不満は都度解消して下さいね。

この記事・ブログが参考になりましたら、以下のアイコンをクリックお願いします。
それで応援になります。
人気ブログランキング保険 にほんブログ村保険

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする