目撃者情と示談

アドセンス

自動車保険のちょっと変わった特約をご紹介しています。
今回は「目撃者情報収集費用特約」。
この特約は、人身事故の時に証言をしてくれる目撃者を捜すため、ビラを配ったりポスターを貼ったりした費用を担保するという内容です。
適用する交通事故も人身事故、それも死亡や入院を伴う重大な事故の場合です。
この特約はひき逃げを想定してるのかな、とも思いますが、交通事故の目撃者は、示談交渉時に双方の言い分が食い違ったケースでは非常に有効です。
ただ、目撃者の証言が必ずしも自分に有利になるとは限りませんが。
私は物損担当で、人身事故は詳しくありません。
物損の交通事故の場合でも目撃者を探すことはありました。
例えば、事故状況の食い違い。
交差点での事故で、双方が「青信号だった」と主張するのはけっこうあります。「青青主張」などという用語があるくらいです。
もちろん交差する信号がどちらも青だったなんてありえません。
どちらかが嘘をついている、あるいは勘違い・思い込みをしています。
でも、なかなか客観的に証明するのは難しいです。
実際に事故現場へ行って信号の切り替わる長さや交差点の幅、ブレーキ痕、目撃者を探したりして調べたこともありました。
現場へ行くのは技術アジャスターや調査担当社員、提携している調査サービス社の人です。
一般職の物損担当者は彼らの話を聞いたり、結果をレポートにしてもらったりして示談の根拠にしました。
それと事故当時のスピードや交通量、道路状況などを加えて行くとそれなりに状況が見えてきます。見えてこない時もありましたけど。
例えば事故時のスピードから交差点を渡り切るまでの時間を割り出して、そのスピードで進行した場合と事故車の損害個所に整合性の問題がないかどうか、とか。
また、主張の食い違いの代表格としてはウィンカーを上げた、上げていなかった、というのもあります。
これは信号よりも水かけ論になりやすく、それこそ目撃者でもいない限りどちらだとも言い切れずに終わることがほとんどでした。
ちなみに私の母はウィンカーでゴタゴタした事故の目撃者になったことがあります。(笑)
ある日仕事をしていたら、隣の課の担当者がやって来て「雨音さん、雨音さんのお母さんが私の案件の目撃者になったから知らせておくね。お母さんによろしく」と言われびっくりしたのを覚えています。
こうやってたまたま目撃者がいると決着が付けられるけど、たいていはうやむやで終わりました。

冒頭の目撃者収集費用特約は、あくまで人身事故の際と限定されているので、こうした物損では使えません。
何だかすっかり特約と関係ない目撃者の話になってしまいました。
ちなみに物損の目撃者は示談の根拠程度ですが、人身事故の目撃者は犯罪の目撃者と同じような扱いになります。
警察に質問されたり、現場検証に立ち会ったりも。
いろいろと大変なようです。

特約と言うよりは目撃者のお話でした。

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする