自動車保険の任意保険について簡単に

アドセンス

自動車保険には大きく分けて、「強制保険(自賠責保険)」と「任意保険」があります。
自賠責保険は強制保険の別名の通り、車検と一緒で自動車で公道を走る場合は加入が義務付けられた自動車保険です。
自賠責保険については自動車保険の種類 強制保険(自賠責保険)についての記事もご参照下さいね。

任意保険について今回は、どんな種類の保険があるのかごく簡単にご紹介をしてみようと思います。


任意保険は強制保険に対して、加入が義務付けられてはいません。
しかし強制保険はごく最低限の補償なので、その上積みとして任意保険にも加入するのが自動車保険としては一般的です。
任意保険は自動車保険というひとくくりには間違いないのですが、そのうち何種類に分けられます。(担保種目といいます)
以下に任意保険の種類と内容を簡単にまとめてみました。

  • 対人賠償保険
    自動車事故で相手方の怪我や死亡、後遺障害や慰謝料などを補償する保険です。
    自賠責保険と基本は一緒ですが、より補償が大きくなっています。
    自賠責保険の支払限度額を超えた分が、対人賠償保険から支払われます。
  • 人身傷害保険
    自分自身の怪我・死亡・後遺障害に対しての保険です。
    治療費や休業損害(仕事を休んだことで発生したお金の損害)が実費として支払われます。
    自分に過失がある場合は、自分の過失相当分は相手からの賠償を受けられませんが、人身傷害保険ではその受けられなかった分の損害を補償します。
  • 搭乗者傷害保険
    こちらも自分自身や一緒の車に乗っていた人の怪我などを補償する保険です。
    人身傷害保険は実際にかかったお金を実費でしはらいますが、搭乗者傷害保険は定額払い。
    入院保険に似た、お見舞い金のような性質の保険です。
  • 対物賠償保険
    交通事故の相手方の、人間の心身以外のあらゆるモノを補償する保険です。
    自賠責保険は人間の怪我などにしか補償がないので、相手方の自動車とか車に乗せていた物とか、自分の車が衝突して何かを壊した時はこの保険でなければカバーできません。
  • 車両保険
    自分自身の自動車の補償をする保険です。
    対物賠償と違うところは、対物賠償なら例えば「車に載せていたノートパソコンが交通事故の衝撃で壊れた」という時も補償の対象になりますが、車両保険はあくまで自動車本体のみの補償です。
    自動車本体、自動車に備品として固定されているようなカーナビなどが補償の範囲です。
  • 特約
    上記の任意保険の補償内容を調節するものです。
    補償内容を上乗せしたり、逆に制限を付けて保険料を安くしたりといった調整をします。

任意保険はだいたいこんな感じの自動車保険です。
任意保険は全部セットで加入する場合も多いですが、保険料を安くするために搭乗者傷害保険や車両保険には加入しないでおく、という選択もできます。
任意保険は法律で定められている強制保険と違い、自動車保険会社によって微妙に補償内容が違う場合もあります。まぁだいたい同じですけれど。
任意保険のそれぞれの種類は、次回以降の記事でもう少し詳しくご紹介しようと思います。

この記事・ブログが参考になりましたら、以下のアイコンをクリックお願いしますね。
それで応援になります。
人気ブログランキング保険 にほんブログ村保険

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする