自動車保険の種類 強制保険(自賠責保険)について

アドセンス

自動車保険には色々と種類がありますが、一番大きな分け方としては「強制保険」と「任意保険」になります。

強制保険は自賠責保険。自賠責は略称で、正式には自動車賠償責任保険といいます。
自賠責保険は強制保険という別名からも分かる通り、法律によって加入が義務付けられた自動車保険です。
ナンバー交付を受けた自動車・二輪車・原付で公道を走行する場合がそれに当たります。(私有地構内のみで使用する車両には義務はありません)
車検と同じですね。
自賠責保険が補償するのは、人身のみ。
人間の身体に対する損害…ケガや死亡、後遺障害など…だけを補償します。
それ以外の「モノ」は一切補償されません。
自分の車も相手の車も、ペットなど人間以外の生き物も。
また自賠責には独特の規定があります。
「他人」と定義された人物には自賠責からの保険が適用されないのですが、この定義も特殊。
自賠責保険の「他人」とは、運転者と運行供用者です。
運転者はそのまま。事故時のドライバーを指します。
運行供用者はまた複雑なのでざくっと説明しますと、その車の所有者が友人等に頼んで車を運転してもらっていた場合など、事故時の運転を依頼したりした人のこと。
自賠責の他人はこの二者であって、家族や親族といった通常ならば損害賠償責任が発生しない身内でも自賠責保険の支払い対象となります。
しかしどちらにせよ、自賠責は交通事故の相手のためが基本スタンスです。
同乗者は補償されても運転者本人は補償されません。

自賠責保険は最低限の保険でもあります。
人間の心身に傷害が出た場合だけの補償だし、その補償金額も本当に最低限。
ケガの治療費用上限は120万円。
死亡は3000万円上限。
後遺障害では4000万円上限。
一家の大黒柱が死亡したり高度な後遺障害になったら、3000万や4000万では足りないのは明らかです。
怪我の治療費120万も一見するとそれなりの額のように見えますが、交通事故の怪我では健康保険が使えない場合があります。
交通事故のけがは事故を起こした人(その人が加入している保険)から治療費を支払うものだから、健康保険組合では支払いの義務がない、という場合があるのです。
健康保険が使える場合もありますが、もし使えなかった場合は10割負担。
たとえ数日でも入院し、その後通院もしたとなると120万では足りないケースも多いのです。

その最低限の補償を上積みするのが任意保険です。
任意保険は各人のニーズに合わせ、細分化がなされています。
任意保険についてのご紹介は、また次の記事にて書いてみようと思います。

この記事・ブログが参考になりましたら、以下のアイコンをクリックお願いします。
それで応援になります。
人気ブログランキング保険 にほんブログ村保険

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする