車がはねたイノシシで転倒、バイクの男性が死亡

アドセンス

ワゴン車がはねたイノシシの死体が道路にそのままになっており、それに乗り上げたバイクの男性が転倒、死亡したとのニュースがありました。

交通事故 ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101220-00000365-yom-soci

北海道ではよくエゾシカと自動車、JRとの接触事故が起きます。ほとんど毎日といっていいペースです。
今年は熊やイノシシが人里に現れ、農作物への被害や人に怪我を負わせるといったニュースも多かったように思います。
エゾシカも駆除に苦慮(ダジャレではありませんよ!)するほど増加していて、農作物、森林、自動車や電車への被害が問題になっています。
上記のイノシシ事故が起きた広島県尾道市因島でもイノシシによる農作物被害が増えていたとのこと。
人間と野生動物の距離が必要以上に近くなると、交通事故やその他の被害がたくさん出るんですね…。
私が知っているエゾシカの死体の場合、自動車とぶつかって道路にそのままになってしまった時は110番すれば対処してもらえます。
エゾシカも成獣ならば体重数百キロになるので、個人の手で片付けるのはなかなか難しいでしょう。
JRでは運転手他、職員が自力で線路からよけるそうです。
今回の事故、イノシシがどのくらいの間放置されていたかは分かりませんが、しかるべき処置を取らなかった責任はどうなるのでしょうか。

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ご無沙汰しております。
    記事のことですが、私もネット配信のニュースで見ました。
    亡くなった男性は、運が悪かったとしか言いようがない事故ではないかと思います。

  2. 雨音 より:

    ご無沙汰しておりますー。
    動物被害は北海道の専売特許かと思っていましたが、最近はそうでもないですね。
    まさかイノシシが道路に転がっているとは誰も考えませんよね…。
    おっしゃるとおり運の悪い事故だったと思います。

  3. ジャック より:

    はじめまして、四国のジャックです。犬や子猫などペットを自動車ではねて賠償でもめて…っていうのはたまにあるけど、同じ動物でもイノシシやシカなら大きいのが多いから自分の車両の損害が気になりますね。一般車両保険ならOKでも次年度の保険料が…。