示談金、保険会社基準?弁護士基準?

アドセンス

示談とは、「裁判によらず当事者同士の話し合いで問題を解決すること」。これは交通事故に限ったことではありません。
また示談金(損害賠償金)とは、示談で決めた金額。
交通事故示談交渉が始まったら、当事者同士の状況・状態と意向を確認しすり合わせて妥当な金額を算出、それを支払うことで示談成立となります。示談には法的な効力があり、一度示談書に署名したら正当な理由なくして無効にはできません。
ところが、示談は裁判の判決のように有無を言わせぬものではありません。あくまで話し合って双方が納得した結果が示談成立なのですから。
だから、納得できなければ示談は成立せず交通事故の賠償は解決しないことになります。
しかしある程度のところで示談に応じなければいつまでも問題を引きずることになりますし、最終的な賠償金を受け取ることもできません。だからどこかで妥協できる点を探すことになります。これが示談交渉です。
ところがところが、示談「交渉」である以上は交渉の余地がいろいろとありまして。
保険会社と当事者の思惑が入り乱れたりするのです。


交通事故の損害賠償には人間の心身の損害(怪我や精神的なもの)と人間以外のあらゆるものに分けられます。
人間の心身については人身事故、それ以外は物損事故です。
物損事故ももめるときはもめますが、人身事故のほうがやはり問題が複雑です。
特に人身事故の賠償金には「保険会社基準」「弁護士基準」などという言い方があります。
これは、示談の際に提示される金額の基準の違い。
保険会社は利益を追求する企業です。不当に低い金額で当事者をだますようなことはしませんが、最低限、必要なことで済むならそうしたいのが本音といえましょう。
逆に弁護士は当事者が依頼した弁護士であれば、当事者の味方。(もちろん相手方が依頼した弁護士なら敵ですけど)
弁護士としては自分のお客さんの利便を図るのが仕事です。だから最大限の金額を引き出そうとします。最大限といっても無制限に、ではなく、今までの裁判例などから根拠のある金額を考えます。
この辺の交渉は素人の当事者がただ、「弁護士基準じゃこの金額だから、こうしてくれ」と保険会社に言ってもなかなか通らないと思います。保険会社だってプロ。当事者の言いなりになってばかりはいられません。
保険会社の提示する賠償金額が、納得できるならそれもよし。
けれど今ひとつ納得できなかったり、疑問が残るときは調べてみましょう。
今はネットに情報があふれています。
交通事故に詳しい弁護士のサイトもたくさんあるので、そういうところも参考になると思います。
中には初回相談無料の弁護士もいるみたいです。
被害の大きい人身事故の場合は、示談金、賠償金額も高額になるもの。
たとえそう大きな事故でなくとも、示談は慎重に、疑問は必ず解決してから応じてくださいね。

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする