交通事故と罰金 反則金とは

アドセンス

交通事故を起こしたり、交通違反をしたら罰金が課されますが、罰金には二種類あります。
交通事故罰金、ひとつめは軽微な違反(反則行為)に課される「反則金」。
交通事故罰金、もうひとつは悪質な違反に課される「罰金」です。
罰金と一言に言ってもこのふたつの意味合いは大きく異なります。
普段言うところの「交通事故・交通違反の罰金」は実は「反則金」です。
なお、交通違反の点数は「罰金」「反則金」とはまた別に課されます。
今回は反則金について書いてみます。

反則金とは青キップが発行される比較的軽微な違反に課されるお金です。青キップが発行され、反則金納付書が送られてきます。
反則金納付書を受け取ってから一定期間内に反則金を金融機関に納めることで、交通違反(交通事故)の責任を免除するというものです。
交通事故・交通違反は道路交通法違反、法律違反ですから厳密にいえば犯罪です。
とはいえこれだけ交通事故がたくさん起きている現在、いちいち交通違反を犯罪として扱ってはいられません。交通違反したら前科者、というのもあんまりですよね。
それで反則金を支払えばその時点で「犯罪」、裁判を受けて量刑判決に従ったりする義務をすべて免除する、というわけです。

反則金が適用される交通違反は、以下のようなケースです。代表的なものをご紹介します。
おおむね30km未満の速度超過(スピード違反)。
交通規制違反。歩行者道路や優先道路を妨害したり、一時停止無視など。
駐車違反。
積載物重量超過。
携帯電話の使用。
安全運転注意義務違反。(わき見など、かなり幅広いです)

次は本当の意味での「交通事故・交通違反の罰金」について書こうと思います。
記事が参考になったら、↓応援代わりのクリックをお願いします。
人気ブログランキング保険 にほんブログ村保険