交通事故と慰謝料

アドセンス

交通事故では、慰謝料の問題がよく取りざたされます。
交通事故慰謝料は人身事故のみに適用される損害賠償で、物損事故では基本的に慰謝料は発生しません。
交通事故慰謝料とは、交通事故で被った身体的、精神的な苦痛に対する賠償金のこと。
あくまで、人間の心身への損害にあてられるお金です。
交通事故慰謝料について、基礎的なお話を少し、してみます。

交通事故慰謝料は、交通事故で被った苦痛に対してあてられるお金なのですから、本当はその方の希望額でいいはずです。
同じ慰謝料でも離婚の慰謝料はそうですよね。
とはいえ、被害者の方々が「1千万!」「いや1億!」と請求してもそのまま支払われることはまずないでしょう。
そこで交通事故慰謝料は、保険会社や弁護士が相場、基準となる額をだいたい決めました。
自賠責保険では、交通事故慰謝料は1日あたり4200円です。(慰謝料の日数の計算についてはこちらの記事を。
自賠責保険については決められていますが、任意保険(対人賠償保険など)ではきっちりと決められた額は存在しません。
保険会社と弁護士協会では、慰謝料の算出方法も違うのです。
交通事故慰謝料、保険会社はおおむね最低ラインを、弁護士協会はプラスアルファから最高額を提示してくるはずです。
保険会社も営利企業。
不当に低すぎる慰謝料を提示することはないと思いますが、手厚い額とも言えないかと。
交通事故での怪我が重く、損害が大きいほど慰謝料の相場も幅が出てしまいます。
保険会社の提示額で被害者自身が納得できるなら、それはそれでいいと思います。
ただ、交通事故慰謝料もケースバイケースということを知っておいた方がいいです。
たとえ弁護士を通したり裁判を起こさなくても、保険会社との示談交渉で慰謝料が上がる可能性はじゅうぶんあります。
交通事故の示談は、知識と根気が一番の武器です。
保険会社から提示された交通事故慰謝料に納得がいかなければ、慰謝料の算出基準、根拠を聞いて、弁護士基準の慰謝料と比べてみて、その上で再度、示談交渉に臨むなどある程度はご自分で動くことも必要です。
交通事故慰謝料の具体的な計算方法や支払例、判例などは交通事故の弁護士サイトや法律サイトに詳しく出ている所がありますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ただ、本当は。
私の個人的な考えですが、交通事故慰謝料・・・・心身の苦痛をお金に換算するのは、どこかやるせない気持ちがします。
いくらお金をもらっても、苦痛が和らぐものでもないのではと思うのです。
もちろんお金は必要です。
特に交通事故で重い怪我、後遺障害が出てしまった場合は生活にもろに影響しますから。
交通事故慰謝料は、そういった意味での補償でもあります。
交通事故慰謝料。賠償金。
保険会社に勤めていたころは聞きなれた言葉でした。特に疑問も感じませんでした。
退職してしばらくして、何事もお金に換算する損害保険、自動車保険のあり方に、どこか違和感を感じるようになっていました。
でも、仕方がないのですけどね。
だからせめて、交通事故慰謝料で何も分からないまま損をしてしまう人が少しでも減るよう、こんな記事を書いたりしています。

記事が参考になりましたら、ランキングの応援クリックをお願いします。
クリックにて順位が上がるので、励みになるんですー。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. linda より:

    何事もお金に換算する損害保険、自動車保険のあり方に、どこか違和感を感じる
    保険の問題ではなく、民法がそのように定めているのではないでしょうか?
    417条、722条