交通事故の原因

アドセンス

交通事故は、誰だって起こしたくて起こすわけではありませんよね。
交通事故にはそれぞれ原因があります。
交通事故原因などというと大仰な感じですが、実はちょっとした不注意がほとんど。
交通事故の過失割合を、不注意の度合、割合などと言い換えるのもそのためです。
交通事故原因で代表的なのは、わき見運転や居眠り運転。居眠り運転なんてとんでもない!と思われるかもしれませんけど、一瞬、ウトウトとしてしまうことって、疲れている時などはあると思います。
交通事故原因で、身近な人が倒れて入院し、その帰りに事故を起こしてしまった人もいました。入院した人のことを思い、今後を心配して気がそれていたそうです。
交通事故原因は、こういった注意散漫によるものがかなり多いです。
交通事故原因、他に多いのが速度超過。
スピードの出しすぎはとっさの反応に対応しにくくなります。急ブレーキを踏んでも間に合わないとかもそうですね。特に、時間がなくて急いでいると精神的に余裕もなく、注意散漫になりがちです。
交通事故原因は、こんな例が主だったもの。
交通事故防止するには、すごく基本的なことですけど、体調を整えて精神的に余裕を持つことが大事だと思います。
交通事故原因で他の要素は、薄暮時などの薄暗くて周囲が見えづらくなるとき。
早めのライト点灯は、自分の視野を明るくするというより、相手車や歩行者に自分の存在を気付いてもらうためのものです。
交通事故の過失割合の増減要素にも、ライト点灯の項目はありますので、ご注意を。
交通事故原因として、無理な追い越しや一時停止の無視、信号が黄色から赤になってもそのままGOなどがあります。
この手の交通事故原因は、ルールを無視することによって、「相手はルールを守っているだろう」と思って運転している人たちの予測を裏切り、結果、双方とも対応できずに交通事故に至ってしまいます。
自動車を運転する時は、「予見性」といって脇道から車が出てくるかもしれない、建物のかげから子供が飛び出してくるかもしれない、など、一般的な危険を予測しながら運転する義務があります。
赤信号無視の交通事故が100:0、10対0の過失割合になるのは、その予見性を超えてルールを無視したため、予見性の義務が適用されないからです。(赤信号無視でも予見性が適用されて、過失割合が出る場合もあります)
交通事故原因は、ほんのちょっとした不注意やその場の状況で、誰にでも起こりうるもの。
交通事故にあった人は、たいていの人が「気がついたらぶつかっていた」または「アッ危ないと思って急ブレーキを踏んだが間に合わなかった」とおっしゃいます。気づいた時には遅いことが多いのです。
交通事故原因には、気を付けていれば防止できるものとそうではないものがあるのは事実です。
最近は交通事故防止のためのキャンペーンや、交通事故防止の冊子の配布、交通事故防止グッズなどもいろいろあります。
交通事故防止サイトもあるので、目を通してみてはいかがでしょうか。
交通事故原因、100%気をゆるめずに運転するのは無理かもしれないけど、できるだけ安全運転につとめてくださいね。それが、結局は一番の防止になると思います。

記事が参考になったら、以下のリンクをワンクリックしてやって下さい。
そうするとこのブログにポイントが入って順位が上がる仕組みです。
や、順位が上がってもたいして何もないんですけどね。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 和沙 より:

    お久しぶりです雨音さん。和沙ですm(_ _)mちゃっかり雨音さんのブログ毎回チェックさせて頂いております。そして今回の『交通事故の原因』同感です(-_-#)私の追突された原因は相手が数kmにわたって前を見ないで運転してた事によって起ったモノ…何してた?携帯メール運転しながらしてました…(-.-;)警察には言わなかったみたいだけど、私は見てました。追突地点の何kmか手前で追抜いた時に!コレは正しく『走る凶器』怖いですよね~(そして相手まともに謝らないし…)コレに懲りて真っ当な運転してほしいモノです!

  2. 雨音 より:

    こんにちは~。いつもコメントありがとうございます。
    携帯見てて数キロって。もろ、著しい過失ですね。それで追突・・・・・。
    交通事故の担当をやっていた時、色々な人と接しましたが、それはかなり悪質です。
    真っ当な運転、ほんと同感です。