道路周辺の物の値段・価格

アドセンス

自動車事故の対応の仕事は、自動車同士の交通事故ばかりではなく自損事故の受け付けもたくさんありました。
電柱にぶつけたとか、中央分離帯に乗り上げたとかです。
自動車がぶつかった物に損傷が出なければいいのですが、けっこうな勢いで衝突すると、自動車よりは丈夫なこれらの道路周辺物も壊れてしまうときがあります。
道路周辺物の損害賠償も、自動車保険の対物保険で対応できます。
道路周辺物の種類や修理価格などを、ちょっとお話しますね。

道路周辺物で、自動車が衝突することが一番多かったのが、縁石かな?
ただ、縁石は自動車がこすったり乗り上げたくらいではまず、損傷しないので、修理の対応をしたことはほとんどありませんでした。
次に街路樹。
街路樹は地域により色々な種類の樹木ですけれど、おおむね10万円~20万円くらいでした。
カーブを曲がり切れず街路樹に衝突して止まったとか、交通事故のはずみで街路樹にもぶつかったとか、けっこうありました。
定番は電柱。
電柱もこすった程度では何ともないのですが、倒すくらいの衝突をすると当然、直さなければなりません。
電柱は土台から損傷してしまった場合はやはり10~20万円。
電柱が傾いたのを直す程度なら10万円未満といったところです。
各種の道路標識もぶつかって倒したり、曲がったりします。
道路標識は一般的なものなら、10万円少々の価格帯でした。
信号機も自動車事故の対物です。
信号機、本格的に壊れた事案は担当したことがないのでよくわかりませんが。
信号機を倒してしまった案件では、信号機本体そのものに損傷は少なかったものの、立て直すだけの工事でも30~40万円くらい請求されました。
あとは消火栓、これも10万円台です。
それから正式な名称は忘れてしまったのですけれど、中央分離帯などに置かれていて、二つのライトが交互に点滅するこれ。
障害物表示灯?
へたくそな自作イラストで恐縮ですが・・・・。
障害物表示灯(だったかな?)、お値段は60万円以上でした。
さらに高額な道路周辺物では、変電機。
道路脇にときどき見かける、茶色い大きな箱です。
変電機は100万円くらいしました。見積書を見た時はびっくりです。
道路周辺の物は、やたらに高い価格で構成されているんだな~と実感したものです。

道路周辺物の多くは市区町村の土木事業課の管轄です。
損害賠償の話や示談はお役所のこの人たちとするのだけれど、お役人特有ののんびりさというか、対応がゆっくりな時が多々ありました。
もちろん信号など危急を要する物はすぐに工事するのですが、請求がめっちゃ遅いとか。
電柱はNTTだけど、ここも半分お役所なのか、のんびりでした。
次に就職するときは、こういうゆったりしたところで働きたいと、いつも仕事に追われてた保険会社員は思っていました。(笑)

記事が面白かったり参考になったら、ランキングの応援クリックお願いします~。
1クリックいただけるとけっこう順位が変わるのです。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする