自動車保険と盗難

アドセンス

自動車保険車両保険では、盗難の被害も補償の対象になります。
ただしそれなりに条件があったりします。
車両保険盗難がどこまで補償されるのか、条件などのご紹介をしてみますね。

車の盗難は、大きく分けてふたつあります。
一つ目は自動車本体ごと盗まれてしまう、「車体盗難」。
二つ目は自動車の一部を盗まれる「一部盗難」。
一部盗難は、「車上荒らし」「車上狙い」などという言い方もします。
警察署や交番に「車上狙いに注意!」みたいなポスターが貼ってあったりしますね。
車両保険では、車体盗難・一部盗難ともに保障の範囲内です。
車体盗難については、上位案件とされて上司の担当だったため、私は概要しか知りません。
車体盗難盗難自体以外にも犯罪がらみが多く、色々と難しかったみたいです。
車体盗難よりは一部盗難の方が件数も多いわけですし、一部盗難についてお話ししようと思います。
一部盗難は、一般職(業務職)の担当でした。

盗難の被害といえど、車両保険での保障ですから、車両保険の内容に基づいた保障になります。
つまり、自動車本体に付属し固定されている部品だけが保障の範囲となります。
車内に置いていたバッグやお財布なんかは、車両保険本体では保障できません。
そういったものを保障する特約はあるので、それをつけていないと免責です。
車両保険の「自動車本体に付属し固定されている部品」とは、たとえばカーナビやカーオーディオ。
カーナビも車体に固定されているタイプならいいのですが、ポータブルタイプだと保険の適用外です。
あと、自動車の鍵、キーもまずだめです。
キーは自動車の部品には違いないのですけれど、キーが盗まれる状況はたいていキーが入っていたカバンを盗まれたとか、ポケットに入れておいたキーが盗まれたとかですよね。
そうなると、「固定されている部品」に引っ掛かって保険が出ないのです。
ただ、キーが車に差し込んだままで盗難されたら保険適用の可能性もありますが・・・・普通に考えてそんなケースはなさそうです。

さて、車両保険盗難被害が有責(保険適用)となった場合は、等級は据え置きになります。
等級据え置き事故についてはこちらの記事をどうぞ
盗難で被害を受ける箇所は、ドアの鍵や窓ガラス、それに盗まれるカーナビなど。全て車両保険で修理費用が出ます。
盗まれたカーナビは、メーカー純正品であれば同じ品を取り付けます。
自分で取り付けたカーナビなら、保証書や取扱説明書などで商品を確認し、同じカーナビや同程度のカーナビを取り付けします。
本当は減価償却が入るべきなのでしょうが、車両保険ではそこまではせず、同クラスの新品を保障していました。
また、カギについても本来ならばこじ開けられて壊れたカギ穴だけの保障なのですが、自動車のカギそのものを取り換えたいという要望があれば、ケースバイケースで対応していました。
盗難の被害は保険金詐欺が疑われる場合もありましたが、たいていは問題なく保険金が支払われていました。
社内の冗談で、技術アジャスターの上司が「俺のカーナビ、盗難されたら新品つけてもらおう」と言ったら、総合職の課長が「××さんなら自作自演の保険金詐欺が疑わしいから無責にする」と返されて苦笑していました(笑)

車両保険盗難被害についてはこんなところです。
自動車本体以外の盗難もカバーされる特約をつけるかどうかは、ご自分の必要性に合わせて考えてみて下さいね。
実際にどの程度、保険料が高くなるかなどは自動車保険の見積もりサイトを利用してみるといいと思います。
自動車保険のサイトで、色々とシミュレーションしてみてくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひぜひ応援クリックお願いします☆
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする