示談書と承諾書(免責証書)の違い

アドセンス

示談書承諾書免責証書)は、根本的には同じものです。
承諾書免責証書は言い方が違うだけで、まったく同じ書類です。どちらが正式な言い方というわけでもありません。
示談書承諾書免責証書)はどちらも、示談解決した内容を文書にして、当事者(と保険会社)で確認するための書類です。
示談書承諾書免責証書)の効力は同じ。どちらも、書面の内容に拘束力があります。
示談書と承諾書(免責証書)の違いは、書式にあります。
示談書の書式は、交通事故の当事者・双方をそれぞれ「甲」「乙」とし、過失割合、損害額、支払う金額、支払い方法などが記されます。
示談書は3枚つづりになっていて、当事者の双方が署名・捺印し、当事者と保険会社の三者で保管します。
賠償金の支払い方法は、お互いの支払額をそれぞれ払う「クロス払い」と、支払金額の多い方から少ない方を相殺、差し引いた額を、支払い額の少ない方(たいていは被害者)に支払う「相殺払い」があります。
承諾書免責証書)の書式は、加害者が被害者に対して支払う金額、賠償金額が記され、署名と捺印は被害者だけがします。
承諾書免責証書)も当事者双方と保険会社とで保管します。
示談書は、物損事故では過失割合が発生する交通事故では、保険会社から必ず発行していました。そういう決まりだったのです。
示談書は双方の署名と押印を必要とするため、取り付けに時間がかかるのが難点でした。
交通事故の当事者が双方ともその場で署名してくれればいいけれど、そんな機会は普通はなくて、たいていは郵送で一人ずつ署名・押印を頼み、送り返してもらっていましたから。
承諾書免責証書)は、物損事故では100:0、10対0の全面的な賠償の交通事故で使っていました。
承諾書免責証書)は、被害者の署名・押印のみで成立するため、示談書よりは支払いまでの手続きが素早くできました。
人身事故では加害者の任意保険会社が一括で対応することが多いため、承諾書免責証書)の使用が一般的とのことでした。
示談書承諾書免責証書)は、一定の記載項目や文言に決まりはあるけれど、それをクリアしていれば書式は自由です。
示談書承諾書免責証書)は、保険会社によって書式が少しずつ違いますが、内容も効力も一緒です。
示談書と承諾書、免責証書の違いはこんな感じです。
具体的な書式などは弁護士や行政書士、法律サイトに詳しく出ていますよ。
弁護士や行政書士のサイトでは、示談書承諾書の一般的な書式をダウンロードできるところも見かけましたので、見てみてはいかがでしょうか。
記事が参考になりましたら、ランキングの応援クリックお願いします。
ワンクリックいただけると順位がUP!
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする