共同不法行為とは

アドセンス

共同不法行為とは、複数人の加害者により、他人に損害を与えることです。
交通事故共同不法行為は、AさんとBさんの自動車が衝突した勢いで、道路脇に駐車していたCさんの車にぶつかった。とかです。
共同不法行為者がAさんとBさんになります。
被害者、Cさんの車にぶつかったのがAさん、もしくはBさんのみでも、両者の交通事故によりCさんに損害が出たと考え、A・Bさん両方が共同不法行為を行ったとされ、連帯責任を負うことになります。
共同不法行為を行った者は、損害を与えた者に対して、全面的に賠償を行う必要があります。
交通事故の100:0、10対0の場合と同じですね。
共同不法行為は、民法の719条にて規定がされています。
共同不法行為は、物損事故でも人身事故でも成り立ちます。
交通事故の当事者双方に過失割合が出る場合、お互いの運転者の不法行為(前方不注意など交通事故の原因、過失責任となる行為)により、同乗者がケガをしても共同不法行為になります。
同乗者は、同乗していた車の運転者の自賠責保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険に請求をして保険金の支払いを受けることができます。
交通事故の相手方の自賠責、対人賠償保険にも請求ができます。
共同不法行為に対しての保険会社の対応は、過失割合が大きい方が代表として被害者に示談交渉と損害の賠償をします。
損害額が確定し、示談が成立したら、交通事故の相手方の過失割合分の金額を相手方の保険会社、もしくは相手方に請求(求償)をします。
共同不法行為は100:0の交通事故と同じ事故対応で、被害を受けたのが自動車であれば、時価額を上限とした賠償になります。
交通事故共同不法行為については、こんなところです~。
もっと詳しいことや、判例などについては、弁護士や法律サイトに載っていることが多いので、見てみて下さいね。
記事が参考になりましたら、是非とも応援クリックをお願いします。
日本ブログ村・保険ランキングでずっと2位だったのに、3位に転落して涙する日々なのです(笑)
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする