交通事故の3つの責任

アドセンス

交通事故、特に人身事故を起こした当事者は、3つの責任に問われます。
刑事上の責任民事上の責任行政処分です。
刑事上の責任は、交通事故のうち人身事故と一部の物損事故でその責任を負うことになります。
刑事法の責任は刑事罰、刑法にのっとったもの。
道路交通法違反(道交法違反)や危険運転致死傷罪、自動車運転過失致死傷罪を求刑されます。
刑事責任では、刑法により懲役や禁固刑、罰金などが課されます。
刑事責任は、損害の程度や被害者のケガ、傷害の重さなどにより決まります。
刑事上の責任では、交通事故の加害者を起訴するかどうかは検察官が決め、最終的な刑罰は裁判所の判決により決定されます。
刑罰は被害者の感情も考慮され、被害者より加害者の罪を減するよう嘆願書が出された場合などは、加害者の刑罰が軽減、あるいは不問になることもあります。もちろん、その逆もあり得ます。
民事上の責任は、交通事故のすべて・・・・人身事故、物損事故、双方ともに発生する責任です。
民事上の責任は民法によって規定されています。
損害賠償、過失割合、示談交渉といった事柄は民事上の責任を果たすためのものです。
民事責任により、過失割合に応じて損害の賠償を行います。
行政処分は、運転免許の点数制度によるものです。
行政処分では、交通事故の責任の重さに応じて、運転免許の停止や取り消しが行われます。
人身事故の場合は減点が特に大きくなります。
飲酒運転の場合も同様です。
行政処分と運転免許の点数については、また別の記事にて詳しく書きますね。
記事が参考になりましたら、応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする