交通事故の後遺障害(後遺症)認定

アドセンス

交通事故で傷害、けがを負ったら、通院や入院をして治療に専念します。
交通事故のけがも、治療を続けていればやがて完治していくと思います。
交通事故のけがは、完治した時点で損害賠償額を確定させ、示談(もしくは裁判訴訟)の手続きに入ります。
でも、交通事故のケガが完治せず後遺障害後遺症)が残ってしまう場合もあります。
後遺障害と等級の認定などについてご説明してみようと思います。


 
後遺障害後遺症とは、「これ以上の治療を続けても、効果が上がらなくなった状態」のこと。この状態を「症状固定」と呼びます。
症状固定は例えば、傷は治ったけど傷跡が消えずに残ってしまった場合(12・13・14等級)、失明や視力が低下してもう治らない場合(1・2・3・4・5・6・7等級)などです。
症状固定と診断されれば、もう治療の効果が出ないわけですので、それ以降の治療費は原則として損害賠償の額には含まれません。
交通事故症状固定後の損害賠償金は、休業損害から後遺障害逸失利益に切り替えられます。
交通事故後遺障害になると、休業損害は発生しないものとされるのです。
交通事故後遺障害では、治療費も休業損害も支払われなくなる代わりに、後遺障害の等級に応じた慰謝料が支払われます。
交通事故後遺障害が残った場合には、認定される後遺障害の等級が重要になります。
後遺障害の等級は1級から14級まであり、1級が最も重く、14級が最も軽い障害です。
後遺障害の等級によって1等級の違いでも支払われる金額が大きく違うため、等級の認定は交通事故の被害者にとって大切なものです。
後遺障害の認定手続きは、「損害保険料算出機構(損保料率機構)」の「自賠責調査事務所」というところが行います。
保険会社が勝手に決めるわけではありません。
後遺障害等級認定は、被害者から行う場合は「被害者請求」、任意保険会社から行う場合は「事前認定」といいます。
交通事故後遺障害の等級認定を被害者請求で行う場合は、色々と自分の手で行う手続きがあります。
後遺障害の等級認定の手続きや等級の内容、金額については、交通事故弁護士などのサイトに詳しく載っていますので、参考にしてみて下さいね。
後遺障害が重く、等級が高い場合は、弁護士に相談するのもいいと思います。
弁護士に相談すると料金が高いイメージがありますけど、最近は初回無料だったり、弁護士による示談の結果、後遺障害の等級が上がり慰謝料もアップした場合のみの報酬制など、色々な弁護士がいるようです。
後遺障害についてはその他、あちこちのサイトで解説がされているので、見てみると参考になると思います。
後遺障害の等級が認定されたら、示談交渉を進めることになります。
示談交渉の対応については、また別の記事で書こうと思います。
記事が参考になりましたら、ランキングの応援クリックお願いします!
クリック先には保険について詳しいブログも色々ありますヨ。
人気ブログランキング保険 にほんブログ村保険

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする