示談金とは

アドセンス

示談金とは、よく聞く言葉です。最近は振り込め詐欺で、身内を名乗り「交通事故を起こした。今すぐ示談金が必要なんだ」と言ってきたりとか。
でも、示談金は保険会社の自動車事故部門の仕事現場では、まったく聞かない言葉でした。


 
示談金とは何なのか?
示談金とは、交通事故の当事者の間で自由に決めて支払うお金のことです。
示談金は損害賠償と違い、法的な根拠に基づいた金額ではありません。
示談金は保険会社や弁護士を通さず、交通事故の当事者の間の話し合いだけで決める金額です。
示談は双方の話し合いで納得した結果ですので、法的な根拠や算定方法に依らなくても、交通事故の当事者たちがそれでいいと思えば成立します。
だから、法律と社内規定に則った示談を行う保険会社とは、示談金は縁のない言葉なのでした。
例えば、追突などで明らかに一方的な過失、100:0、10対0の交通事故で、損害がごく軽い場合。
保険会社に連絡するまでもなく、被害者が修理の見積もりを取って、加害者がその金額を支払い、双方がそれでよしとすれば、示談成立となり示談金になります。
後々のトラブルを避けるため、示談書もしくはそれに準じる書類を作成しておくといいでしょう。
示談金は、何の根拠もない金額でもあり得るものです。
暴力団などその筋の人に脅されたり、本当は過失割合が発生する交通事故なのに加害者が(場合によっては被害者が!)全面的に示談金の支払いをしてしまうケースもあります。
この場合は、後からでも脅迫や錯誤を主張して示談を取り消すことができます。
示談の有効性と取り消しについてはこちらの記事で。)
最終的に保険を使わなくとも、交通事故の報告をすれば保険会社は担当をつけて示談代行と事故対応をします。
交通事故の発生直後は冷静さを保つのは難しいですし、過失割合などの知識も一般の方はあまりお持ちではないでしょう。
示談示談金をその場で決めてしまわずに、できれば保険会社に連絡をして事故の担当者と相談することを勧めます。
ちなみに、示談金はこういう性質のものですので、冒頭で書いたように「示談金が今すぐ必要」なんていう事態はあり得ません。
示談金の詐欺にはご注意を。
記事が参考になったら、ランキングの応援クリックお願いします。
ワンクリックで順位UP!なのです。
人気ブログランキング保険 にほんブログ村保険

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もみすけ より:

    示談金って交通事故だけですか?

  2. 雨音 より:

    もみすけさま、こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    示談金は交通事故以外でもありますよ。
    示談は「争いごとを裁判によらず、当事者同士で話し合って解決すること」なので、解決の条件にお金が入ればそれが示談金です。