交通事故の発生現場での対応

アドセンス

交通事故に不幸にも遭ってしまったら。
交通事故の現場で、すること・してはいけないことをまとめてみました。
交通事故に遭ったら、まず車を止めること。
怪我の有無とけが人の確認、応急手当などの救護活動、重症の場合は救急車を呼んだり病院へ運んで下さい。
それから、警察に交通事故の通報をします。
事故車を衝突地点から、路肩や近くの駐車場など、安全な場所に動かしておくのも忘れないように。
道路の真ん中に車をそのままにしておいて、二次的な事故が起こるケース、けっこうあるんです。
ただ、衝突の位置などは後日、示談をする際の証拠になるので、警察官が来るまで動かさない方がいいかもしれません。
警察官が来たら、双方の連絡先を交換します。
住所、氏名、電話番号のほか、登録番号(ナンバープレートの番号)を控えておきましょう。
個人の車なのか、会社などの車なのかも確認です。
交通事故の現場でしてはいけないことは、示談交渉に当たる行為です。
たとえ自分が全面的な加害者もしくは被害者だと思っても、念書や一筆など書くべきではありません。
損害の程度や損害賠償額、過失割合などはその場では分からないものです。
それでも念書などにより示談・・・・無名契約をしてしまうと、その内容が有効になってしまいます。
交通事故の現場では状況が分かっていなかったことで、錯誤や脅迫を主張して取り消すこともできますが、あくまでそれは当事者間でのこと。
保険会社はそれについてタッチできません。
必ず、ご本人から取り消してもらうことになります。
※示談の成立と有効性についての記事はこちら
保険会社への交通事故の連絡、報告は現場での処理がすべて終わった後でかまいません。
交通事故の次の日でも大丈夫です。
たまに、「事故ったの~今すぐ来て!」と言ってくる契約者がいたのですが、保険会社は基本的に現場には行きません。
余談。
ある時どうしても「今すぐ来い!!」と言って譲らない契約者がいました。
そこで、まだ若いアジャスターが現場に向かいました。
しかしそのアジャスターは現場で過失の判断を誤り、後で大変示談が非常にもめる、ほとんどクレーム状態になってしまいました。
彼はその反省の証として、頭を丸坊主にしました。
ある日、会社に行ったらそのアジャスターくんが丸坊主になっていて、みんな仰天していました。
「タコ坊主がいる~(笑)」と。
そんなわけで(?)保険会社の社員を交通事故現場に呼んでも、特にメリットはないので、呼ばないで下さいね。
また、交通事故の当初は何ともない、あるいは軽いけがでも、数日後に症状が出る場合があります。
その時は、すぐに病院に行って、保険会社にも知らせるようにして下さい。
交通事故の発生時の注意点はこんなところです。
示談交渉のテーブルに着く以前のお話です。
でも、ここでしっかり冷静に対処することで、その後の示談が有利に進みます。
事故の後にまたつらい思いをしないよう、正当な賠償と補償を受けて下さいね。
記事が参考になった・役に立ったら応援クリックお願いします。
人気ブログランキング保険 にほんブログ村保険

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする