免責と無責

アドセンス

免責と無責はどちらも保険金の支払い対象にならない、ということ。
免責金、となると自己負担金のことで、契約時に設定します。
また免責金は、特約によっては最初から一定額を設定されているものもあります。
細かい話になりますが、免責と無責の違いについて解説を。
免責は、保険の約款に「保険金を支払えない場合」と書かれているケースを指します。
無責は、保険の約款に「保険金が支払われる」と書かれていないケースです。
自動車賠償責任保険(自賠責、強制保険)では、免責の範囲は少ないです。
契約者や被保険者の悪意によって生じた損害は免責。
他にも、自賠責の免責3条件を満たした場合など。
自賠責の免責3条件は、
1.自己及び運転者が自動車の運行に関して注意を怠らなかったこと
2.被害者又は運転手以外の第三者に故意または過失があったこと
3.自動車の構造上の欠陥又は機能の障害がなかったこと

以上3条件をすべて満たした場合は免責なんですが、普通、交通事故を起こしてこの3つ全部を立証するのはほとんど不可能です。
なので、自賠責の免責はほとんどない、です。
車両保険や人身傷害補償保険、搭乗者傷害補償保険など、契約者側に支払われる種類の保険においては、無免許運転・飲酒運転・麻薬などを使用した場合などにより、正常な運転ができない恐れのある状態での運転中の事故によって生じた損害は、免責です。
契約車の所有者の許可なく運転した場合に生じた損害や、地震・噴火・台風・洪水・高潮・津波による損害も免責。
対人賠償保険や対物賠償保険といった、他人に対する損害賠償をする保険では、その辺の免責はゆるいです。
これは、被害者保護の観点からです。
飲酒運転の車にぶつけられて、ケガしたり死亡したり車が壊れても、保険から賠償されなかったら泣き寝入り…なんて、ひどすぎますから。
その代り、「他人」に対する損害賠償なので、父母・配偶者・子といった身内の損害は、人身・物損ともに免責。
兄弟姉妹が免責対象から外れているのが、見落としがちなんですけど。
会社などの法人であれば同じ会社の所有車同士が事故っても免責です。
地震・噴火・台風・洪水・高潮・津波による損害も、やっぱり免責なのでした。
あとは、年齢制限や家族限定、本人・配偶者限定など運転者制限をつけていれば、その条件から外れれば免責です。
無責の方は、保険の約款に「保険金が支払われる」と書かれていないケースです。
明記されている事柄以外にも、約款はけっこう解釈が難しくて、無責になっちゃうこともあります。
研修では、ありえないようなレアケースの案件がケーススタディで出されて、結果的に無責でした。みたいな話がありました。
保険の種類、保険会社が独自に出している保険商品やSAPなども約款が微妙に違って、無責になるケースがあるかもです。要注意。
一般の方は保険の約款なんて読まないと思います。
また、読んでも意味不明でしょう。
たいていは妥当な感じの内容ですが、たまによく分からんのがあったりして、事故担当者も頭が痛いのでした。
免責・無責については、だいたいは常識の範囲内なので、それほど気にする必要はないかと思います。
保険の見積もりサイトなどで、さくっと確認する程度でいいかと思います。
保険の約款とか、あんまり詳しく見てもわけがわからないだけですし。
各種目の保険の免責・無責については、また別の記事で書いてみようと思っています。
ヘンテコなのもあるので(笑)
 →車両保険の免責についてはこちらにて。
お帰りはこちらから~。ランキング応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング保険 にほんブログ村保険

アドセンス2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする