高額の物損事故

アドセンス

自動車保険の対物賠償保険はほとんどの方が加入していると思います。
対人賠償保険は人のケガや後遺症、死亡に対して損害賠償する保険。
対物賠償保険は、人以外の「モノ」を壊してしまった時に損害賠償をするための保険です。


 
物損事故は人身事故に比べて賠償金額も低めです。
人身事故なら重傷や後遺障害、死亡時には慰謝料も含めて数千万円になるのも当たり前です。
物損事故は主に自動車同士の交通事故で、相手車の損害を賠償するものですから、数万~数十万程度が一番多いです。
自動車の値段は普通、もともと高くて数百万円。
新車購入時から時間が経てば、減価償却で時価額が下がります。
たとえ高級車を全損にしてしまっても、やはり損害額は数百万というところでしょう。
双方に過失割合が発生するなら、過失割合分だけの賠償ですし。
それに、数百万円分の修理費がかかるだけの交通事故なんて、よっぽどの規模じゃないとないと思います。
私の担当した案件では、雪道でスリップして中央分離帯に衝突し、反動で横転して街路樹にぶつかって止まったという事故がありました。
車全体がかなりメチャメチャでしたが、修理費は180万円くらいでした。全損でしたけど。
というわけで、対物賠償保険の保険金額(支払い上限額)は500万円、1000万円、無制限とあります。
普通の交通事故なら500万円でも問題ないと思います。
1000万円ならさらに安心でしょう。
しかし!
世の中には超高額の物損事故の損害賠償もあったりします。
私が見聞きした中で一番高額だったのは、空港の駐車場にある電光掲示板に衝突して壊してしまった事故。
離着陸飛行機の表示を行っていたこの電光掲示板、時価額を査定したところ、何と6000万円。
車同士の交通事故ではなく、車がモノにぶつかって壊してしまった場合は、過失割合は発生せず車側の100%全面賠償になります。
この事故の契約者は、対物賠償保険を1000万円までしかつけていなかったそうです…。
残りの5000万円は自己負担です。
しかも、電光掲示板が使えなかった期間は休業損害も発生したかもしれません。
この契約者のその後までは知りませんが、どうなったのでしょうね(汗)
そこまで行かなくとも、一度の事故で何台もの車とぶつかってしまったとか、可能性は低めですが物損事故でも賠償金が高額になる場合はあります。
事故のリスクと保険料のバランス。
リスクを考えすぎても仕方ありませんが、自動車保険はあまりケチらないで下さいね!(^^;)
↓のリンクにも保険の情報がいっぱい。
それぞれ特色あるブログが揃っているので、是非見てみて下さい。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

コメント

  1. ヒロT より:

    雨音様、リンクありがとうございました。
    僕も代理店・自動車工場という立場ですが、保険担当してるのでよくわかりますよ~。
    保険会社も当たり外れあって大変です・・
    相互リンクさせてもらいますね♪