加害者の補償をする保険

アドセンス

交通事故被害者が正当な損害賠償を受けるのは当然ですが、加害者の補償も必要です。
ケガや後遺障害、死亡など。
加害者にも必要な補償はたくさんあります。
人身事故で自分が加害者となってしまった場合、保険金が支払われる保険を解説します。


 
交通事故加害者になってしまった場合にケガや死亡損害を補償する保険は、主に3つあります。
自損事故保険、人身傷害補償保険(人傷)、搭乗者傷害補償保険(搭傷)です。
特に人身傷害補償保険と搭乗者傷害補償保険は違いが分かりにくいと思っている方も多いようですので、それぞれ特徴を説明します。
自損事故保険
 単独事故や自動車事故でも相手に全く過失がない場合など、相手の自賠責保険から保険金が支払われない時に適用されます。
 対人賠償保険を契約すると自動で付保される特約です。
 損害額全額を補償するのではなく、定額制です。
 自賠責保険の賠償より補償は薄いくらいです。
 単独事故とは、相手が人ではなく電柱やガードレールなどのモノの事故です。
 崖からの転落や横転なんかもそうですね。
 私の担当案件では、橋げたに衝突して亡くなった方がいました…。
人身傷害補償保険 
 交通事故でケガや死亡した場合、過失割合に関係なく保険金が支払われる保険です。
 自分の過失が大きい、もしくは100:0の加害者で相手からの賠償金が差し引かれても、その分を補填します。
 算定された損害額が過失割合に関らず全額支払われます。
 車両保険の人身事故版ですね。
 また、示談が成立していなくとも保険金が支払い可能ですので、治療費などの心配もなくなります。
 人身損害は、治療費、逸失利益、精神的損害が計算対象になります。
 契約内容によっては補償範囲が妙に広く、「交通事故」の定義が駅構内で転んだとかでもOKになったりします。
搭乗者傷害補償保険
 契約して車両に乗車中の運転者・同乗者が、ケガや死亡をした場合に、定額の保険金が支払われます。
 損害額を補償する人身傷害補償保険とは別物で、別口で支払われます。
 搭乗者傷害補償保険も過失割合は関係ありません。
 怪我の部位や症状に対応して定額の保険金が支払われる、お見舞い金&生命保険的な要素を持つ保険です。
↓↓保険情報はこちらにもたくさん。参考にどうぞ↓↓
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報