交通事故における交通弱者

アドセンス

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報
交通弱者とは、大別して二通りの意味があります。
一つは自動車中心社会の中で移動に制約を受ける人々。
高齢者や子供、障害を持つ人などが当てはまります。
二つ目は交通事故においての交通弱者です。


 
 
交通事故では自動車(四輪車)が最も強者です。
対して弱者は、バイク(単車)→自転車→歩行者の順に交通弱者となっています。
歩行者のうち、子供や高齢者、障害を持つ人などはさらに「弱い」とされます。
同じ交通事故形態でも、自動車同士の事故と交通弱者との事故では過失割合が違ってきます。
自動車側により大きな過失が出るのです。
交通事故において、交通弱者は被害を受けやすい立場にあります。
強者である自動車の運転者は、交通弱者に特に気をつけて運転しなければなりません。
自動車中心社会の中で、強者は弱者を守る義務があるのです。
判例タイムズにも過失割合の要因として掲載されています。
車は凶器、あるいは走る棺桶などと呼ばれます。
便利さも安全と安心があってこそ。
安全運転をして、万が一の場合に備え任意保険に加入しておいて下さいね。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報