某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

自動車保険の値上げ

投稿日:2011年2月19日 更新日:

自動車保険値上げするようです。
自動車保険の中でも、自賠責保険料の値上げは以前の記事でもお伝えしましたが、今度は任意保険料も値上げされるとか。
2011年1月の経済紙に、大手損保会社3社が自動車保険料値上げの実施、または検討をしていると掲載されていました。
特に損保ジャパンは4月から自動車保険料の区分を見直します。
今までは年齢による自動車保険料値上げは、若年者ほど高く35歳以上で最も安くなるというものでした。
全年齢、21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上。35歳で保険料が安くなるのは打ち止めです。
その年齢の区分を30歳以上から40歳、50歳と10歳ごとに区切り、70歳以上は一律に変わります。
しかも年齢区分が高くなるほど、自動車保険料値上げされるとの記述も見かけました。(参考:SankeiBiz)今までと反対ですね。
今まで若年者ほど自動車保険料が高く、段階を追って保険料が安くなっていた理由は、若者ほど交通事故率が高かったからです。リスクが高ければ保険料も高い。これはある意味当然のことでした。
しかし最近は高齢者の交通事故、しかも深刻なケースだったり運転者に認知症が疑われる事態が多くなり、若者のリスクが高いなら高齢者のリスクも高いな、と、感じていたことはあります。
今回の自動車保険料の年齢区分変化と値上げは、そうした世相を反映したものでしょう。
ただちょっと分からないのは、「年齢区分が高くなるほど自動車保険値上げする」とのくだりです。
70歳以上は自動車保険が値上がりする、なら分かるのですが。
30代、40代の本来であれば優良ドライバーが多い世代の自動車保険料値上げするのは、保険とリスクの理屈からは釣り合わないように思えます。
ただ上記サイトの記述では短すぎてあいまいな点もあります。
2011年4月以降、損保ジャパンで自動車保険に加入、更改(更新)がある方は、代理店に一度問い合わせてみるといいかもしれませんね。

下記の画像はインターネット上で複数の保険会社に一括見積もり出来るサイトです。
こういう所も利用して比較しつつ、自動車保険料とご自分のカーライフを見直すのもいいと思います。
自動車保険値上げ

-自動車事故部門の仕事

関連記事

no image

東日本大震災 損害保険の立場から

東日本大震災と名付けられた大地震が起きてから、2日少々経過しました。 ニュースを見てもあまりにひどい状況に絶句しています。 北海道は幸いにも被害は少なく、私の住んでいる地域では皆無でした。皆、日常生活 …

no image

交通事故の判例タイムズとは

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 判例タイムズという本をご存知ですか? 法律実務家(弁護士とか裁判官)向けの全国の裁判例などの情報を掲載した雑誌です。 このうち、自動車保険事故部門 …

no image

追突事故と過失

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 追突事故は、普通、追突した方に100%の過失、100:0の全面賠償になります。 ただ、追突事故でも双方に過失責任が出る場合があります。

no image

スリップ事故の過失割合について

スリップ事故についての概要というかあらましというか、とにかく雪国の人間には路面凍結は怖いことです、というような話は前の記事にてさせていただきました。 スリップ事故は単独(自損)事故ですらスゴイ動きでわ …

no image

交通事故 示談までの道 はじめに

「自動車保険 交通事故 示談までの道」のブログへご訪問いただき、ありがとうございます。 この記事は常に一番上に表示されるよう、日付を変えてあります。 最新の記事は一つ下からご覧下さい。 また、主だった …