某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

自動車保険の値上げ

投稿日:2011年2月19日 更新日:

自動車保険値上げするようです。
自動車保険の中でも、自賠責保険料の値上げは以前の記事でもお伝えしましたが、今度は任意保険料も値上げされるとか。
2011年1月の経済紙に、大手損保会社3社が自動車保険料値上げの実施、または検討をしていると掲載されていました。
特に損保ジャパンは4月から自動車保険料の区分を見直します。
今までは年齢による自動車保険料値上げは、若年者ほど高く35歳以上で最も安くなるというものでした。
全年齢、21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上。35歳で保険料が安くなるのは打ち止めです。
その年齢の区分を30歳以上から40歳、50歳と10歳ごとに区切り、70歳以上は一律に変わります。
しかも年齢区分が高くなるほど、自動車保険料値上げされるとの記述も見かけました。(参考:SankeiBiz)今までと反対ですね。
今まで若年者ほど自動車保険料が高く、段階を追って保険料が安くなっていた理由は、若者ほど交通事故率が高かったからです。リスクが高ければ保険料も高い。これはある意味当然のことでした。
しかし最近は高齢者の交通事故、しかも深刻なケースだったり運転者に認知症が疑われる事態が多くなり、若者のリスクが高いなら高齢者のリスクも高いな、と、感じていたことはあります。
今回の自動車保険料の年齢区分変化と値上げは、そうした世相を反映したものでしょう。
ただちょっと分からないのは、「年齢区分が高くなるほど自動車保険値上げする」とのくだりです。
70歳以上は自動車保険が値上がりする、なら分かるのですが。
30代、40代の本来であれば優良ドライバーが多い世代の自動車保険料値上げするのは、保険とリスクの理屈からは釣り合わないように思えます。
ただ上記サイトの記述では短すぎてあいまいな点もあります。
2011年4月以降、損保ジャパンで自動車保険に加入、更改(更新)がある方は、代理店に一度問い合わせてみるといいかもしれませんね。

下記の画像はインターネット上で複数の保険会社に一括見積もり出来るサイトです。
こういう所も利用して比較しつつ、自動車保険料とご自分のカーライフを見直すのもいいと思います。
自動車保険値上げ

-自動車事故部門の仕事

関連記事

no image

交通事故の現場調査

自動車事故部門で報告を受け付けた交通事故は、場合によっては現場調査を行うことがあります。 警察の人身事故の調査とはまた別の、保険会社の独自の調査です。 交通事故の当事者同士の主張する状況が一致しなかっ …

no image

交通事故の発生現場での対応

交通事故に不幸にも遭ってしまったら。 交通事故の現場で、すること・してはいけないことをまとめてみました。 交通事故に遭ったら、まず車を止めること。 怪我の有無とけが人の確認、応急手当などの救護活動、重 …

no image

物損交通事故の損害額の算定

人間のケガや死亡を伴う交通事故を人身事故と言い、人間以外のモノに損害が出た事故を物損事故といいます。 物損事故の損害賠償の対象は、人間以外のあらゆるものです。 犬や猫などのペットも、法律上ではモノ扱い …

no image

ソニー損保の評判

ソニー損保の評判は、通販型自動車保険としてはどうなのでしょうね。 ソニー損保の評判、口コミで検索してみても、そんなに決定的なものは出てきませんでした。 いくつか共通していた評判は「交通事故に遭った時は …

no image

人身事故の怪我での治療打ち切り通告

人身事故の交通事故でけがをして、治療を続けていると、保険会社から治療費の打ち切りを伝えられる時が来ます。 治療費の打ち切りを言われた時、しっかり完治していれば問題はないと思うのですが、そうでない場合も …