某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

駐車場での自損事故

投稿日:2009年10月2日 更新日:

交通事故、というほどではないのですが。
自家用車で自損事故を起こしてしまいました。父が。(苦笑)
事故の場所は近所のスーパーの地下駐車場です。
自動車事故交通事故の仕事をしていた頃なら、以下のように状況説明を書くところです。

—-
地下駐車場の駐車スペースより出車の際。
左向きに出ようとハンドルを左に切ったところ、左手にあったコンクリート柱の角に左側面を接触した。左側面、FドアからRドアにかけて擦り傷。
けが人はなし。コンクリート柱に損傷なし。
—-

我が家では車両保険はエコノミー特約なので、こういう自損事故では保険が使えません。
車両保険のエコノミー特約とは、車両保険が使える範囲を「車両同士の接触事故、もしくは特定状況の損傷に限る」としたものです。
自損事故ですから車両同士の事故には当てはまらず。
特定状況の損傷も、等級据え置き事故に該当する場合のみですので、コンクリート柱にこすったという典型的な自損事故では車両保険は使えません。
この事故がもし、ほかの車にぶつけたとかでしたら車両保険(もちろん対物保険も)が使えますし、コンクリート柱が相手でも柱が壊れてしまえば対物保険だけは使えます。人にけがをさせれば対人保険も使えます。
あくまで車両保険だけが条件付きになる特約です。条件付きになる分、保険料は安くなります。
今回の自損事故のケースではいずれにも当てはまらないので、車両保険は使えません。相手物に損傷がない、賠償義務もないので対物保険も使いません。
代車特約をつけているから、修理に出した際に最長1カ月の代車は保険で出せるのですが、家族協議の結果、今回は修理を見送ることにしました。(保険で修理せずとも代車特約が使えるかどうかは、自動車保険の契約内容によります。使えない場合もあります。)
というのも、ディーラーに修理見積もりを出してもらったら、5万円もしたのです。
自動車事故交通事故を嫌というほど見てきた自分からすると、フロントドアとリアドアの2枚こすってるしそんなものだろう、と思ったけれど、両親は高額さに驚いていました。こちらが一般的な感覚ですよね。
ディーラーの修理見積もりは5万円でも、カーコンビニ倶楽部のような町の修理工場であれば3万程度で済むのではないかと提案もしました。
しかし、母がこれを機に車を買い替えたいと言い出し、「あこがれのプリウスがいい!」とのたまったのが鶴の一声。
プリウスは大人気で納車は来年の6月というのに買い替えを決め、ディーラー担当者と交渉して、未修理状態でも下取り価格をおまけしてもらうことになりました。

今回の自損事故は怪我もなくコンクリート柱も何ともなく、物損事故の扱いにすらならず、かつて自動車事故の担当者だった頃なら「なんてことないただの自損事故」で片づける程度のものでした。
でも、やはり事故は嫌なものですね。運転者だった父も落ち込んでいました。
自動車事故はほんのちょっとした不注意や、ほとんど不可避で起こることもあります。
そして事故そのもののダメージもさることながら、事後処理がとても面倒なものです。
自動車事故交通事故、相手がいれば示談も。
保険会社はそういった自動車事故の煩雑さ、専門的な難しさを軽減する仕事だったのだな、と改めて思いました。

今回のような車両保険が使えない自損事故でも、不安な点や不明な点があれば保険会社・代理店などに問い合わせていいと思います。
結果として保険が使えなくても、契約者の疑問に答えるのも保険会社の仕事ですから。
代車特約のように、使える保険があるかもしれませんしね。
自動車保険は契約者がお金を払って成り立つもの。使えるサービスはどんどん使ってくださいね。

記事が参考になったら、下のリンクをクリックお願いします。リンク先でのランキング順位がクリックで上がる仕組みです。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

-自動車事故部門の仕事


  1. youyou より:

    こんにちは。
    ただいま某保険会社で示談交渉をしております。
    常々困ってしまうのが、当方契約者に過失割合を説明するときです。素直に判例を理解していただければ問題ないのですが、時々8:2を2:8だと言い張る契約者。
    責任割合を契約者に切り出す一言は、どのように言えば角が立たないでしょうか?どのように説明すれば納得していただけるでしょうか?具体的に教えてください。先輩と同じように説明しているつもりですが、よく契約者を怒らせてしまいます。

  2. ケイ より:

    初めまして。突然のコメント失礼します。
    雨音さんのブログを拝見していて疑問に思ったことがありましてコメントさせていただきました。
    自動車保険の代理店というのはどれくらいの発言力を持ってるものなのでしょうか?
    最終判断するのは、保険会社の担当さん(もしくはその上司?)かなと思っているのですが、代理店さんが虚偽な報告をするだとか多少の口添えで保険金額が変わるなんてことはあるのでしょうか?
    (それこそ、免責扱いの事故が保険の支払い対象になるだとか・・・)
    あれこれと読ませていただいて、そもそも自動車保険に入るときにダイレクトか代理店かどちらが良いのだろうと疑問に思って、こんな質問をさせてもらいました。
    話せる範囲で構いませんので返事いただけたらありがたいです。
    長々と駄文失礼しました。

  3. 浜口です より:

    こんにちは。
    自動車保険に全く知識がありませので
    ご質問させて頂きたく書き込みしました!
    先日、お友達が交通事故にあいました。
    相手は車、友達は自転車だったそうです。
    相手のわき見運転が原因で
    の接触事故だったみたいですが・・
    保険会社から「人身事故・物損事故」どちらで
    すすめていくか選んで下さい!どちらを選んでも、この先の保証に変わりはありません。。と言われたみたいなのですが・・
    どうなんでしょうか?お友達としては
    生活・通院保証をシッカリっしてくれれば問題ない!と言ってます。(お友達は、顔・手足に傷・歯のぐらつき・打撲程度だったみたいです。)

関連記事

no image

示談書と承諾書(免責証書)の違い

示談書と承諾書(免責証書)は、根本的には同じものです。 承諾書と免責証書は言い方が違うだけで、まったく同じ書類です。どちらが正式な言い方というわけでもありません。 示談書と承諾書(免責証書)はどちらも …

no image

事故担当者が選ぶ自動車保険

自動車事故部門の仲間たちと、自分の自動車保険の選び方を雑談したことがあります。 交通事故を多く見てきた人たちの保険や特約に対する評価、比較、おすすめです。 自動車保険の見積もり、選び方、見直しの参考に …

no image

交通事故の発生現場での対応

交通事故に不幸にも遭ってしまったら。 交通事故の現場で、すること・してはいけないことをまとめてみました。 交通事故に遭ったら、まず車を止めること。 怪我の有無とけが人の確認、応急手当などの救護活動、重 …

no image

交通事故と弁護士

交通事故の示談は、法律行為にあたります。 そのため、基本的に交通事故の示談は当事者同士か弁護士しか行うことができません。 保険会社の示談は「示談代行」で、法律としては例外的なことなのです。(詳しくは「 …

no image

目撃者情と示談

自動車保険のちょっと変わった特約をご紹介しています。 今回は「目撃者情報収集費用特約」。 この特約は、人身事故の時に証言をしてくれる目撃者を捜すため、ビラを配ったりポスターを貼ったりした費用を担保する …