某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

交通事故と自動車保険

投稿日:2009年7月21日 更新日:

交通事故自動車保険は、保険会社の人間としては切っても切られない関係でした。
自動車保険の契約と交通事故の対応。どちらも保険会社の仕事です。
交通事故 示談までの道のブログでも、保険会社社員の視点から記事を書いてきたため、交通事故についての記事と自動車保険の記事が混在する状態になっています。
自動車保険交通事故の仕事をしている時はそれが当たり前だったのですけれど。退職して時間が経つと、このあたりの考え方も一般の方々と乖離があるなあと感じました。
自動車保険、自賠責保険は強制加入、任意保険もほとんどの方が契約をしています。
交通事故の万が一を補償する保険として、毎月、決して安くはない保険料を納めていただいています。
でも、もし交通事故に遭ったとしてもどれだけの方が保険会社の存在を感じるでしょうか?
自動車保険の代理店(ディーラーなども含む)に連絡して終わりだったり、交通事故の示談をするにしても保険代理店を経由したり。
交通事故自動車保険、民事法は保険会社の人間にとってはセットですが、そうではない方々にとってはなかなか結びつかないかもしれないですね。
保険会社の社員は、交通事故という本来なら一生に一度あるかなしかのトラブルと毎日顔を突き合わせ、保険の約款と交通事故に関する法律を学び、顧客対応や示談交渉のスキルを磨いています。
はっきり言って彼らの考え方は独特です。私は中途採用で保険会社に入社しましたが、当時は保険会社の人々の考え方についてゆけず、戸惑ったものです。
交通事故の対応はちょっとした専門職業のため、その範囲の外にはうとい面があります。自分の常識が相手の非常識だと理解できてないことが多いです。
だから交通事故の分かりにくい専門用語を使ったり、仕事として接するから契約者に対しても「事務的」になったりします。また、交通事故業界(?)特有の常識みたいのも色々とありました。
何が言いたいかよくわからない文章ですね。(汗)
要するに、保険会社の社員の対応がなっていない!と感じた時、お互いの考え方にズレが出ていることが多いのです。お互いを非常識だと思っています。
保険会社は交通事故に遭った契約者の意思と気持ちをできるだけ尊重すべきですし、契約者も法律に基づいた示談ならば前向きに検討して欲しい、またあまり罵詈雑言をぶつけないで欲しい。
自動車保険の内側と外側。
交通事故が日常、非日常。
この遠い距離を埋めるのは難しいです。
なので交通事故に遭われた方も、納得いかない気持ちをただぶつけるのではなくて、なぜ、保険会社はそういう示談をしてきたのか、担当者によく説明を求めてみて下さい。小難しいことを言い出したら「分かりやすく言え」と言いましょう。
交通事故の当事者は保険会社ではなく契約者。保険会社に丸投げではなく、不安や疑問があったらどんどん問い合わせするのをお勧めします。
その方が結局、交通事故の示談成立間際になってもめたり、釈然としない気持ちのまま示談を進めたり、そういったトラブルを避けることができます。

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

-自動車事故部門の仕事


  1. しょうこ より:

    雨音様、初めましてしょうこと申します。コメントではなく
    質問(相談)なので大変恐縮なのですが
    お時間がある時にでも
    お答え頂ければ幸いです。
    一ヶ月位前に信号待ちをしているバイクに
    車をぶつけてしまいました。
    二人で傷やへこみを確認したところ
    特に異常がなかったので警察にも
    保険会社にも連絡せずに口頭で
    和解しました。しかし後になって修理費を
    請求してきたのですがやはり
    支払い義務があるのでしょうか?あと
    その事故によって傷付いたりへこんだ事を
    相手が立証するのに保険会社の方は
    協力するのでしょうか?
    私の周りには雨音様みたいな
    法律に詳しい知的な人がいないので・・・
    これからも拝見させてもらいます。
    どうかがんばって下さい!!

  2. 雨音 より:

    しょうこさま、初めまして。
    後になって請求されるケースはけっこうありました。
    保険会社に連絡すれば、担当がついて相談に乗ってくれますよ。
    私の経験はもう昔のものなので参考程度に書いておきます。
    時間が経ったあとの事故でも、保険会社は受付します。
    相手のバイクの傷を確認して、事故状況としょうこさまの車の接触位置との整合性などを見て本当にそのバイクの傷が当時の事故によるものかなども、車の専門家が確かめます。
    その上で事故によるものと判断したら、保険を使って賠償するという話になります。
    信号待ちをしていたバイクということなので、過失は相手には出ないと思います。しょうこさまの対物保険を使うことになるかと。
    とりあえずご自分の保険会社に相談をお勧めします。
    私の言っていることと違う流れになったらゴメンナサイ(汗)

  3. 雨音 より:

    追記。。
    相手がバイクを修理してしまっていて、その際に写真なども撮っていなければ、保険の対応は難しいかもしれません。
    なんにせよ、現役の保険会社の担当に聞いた方が正確です。(^^;

  4. しょうこ より:

    雨音様
    お答え頂きありがとうございました^^
    大変、参考になりました↑
    コメントではなく質問したにも
    関わらず親切にお答え下さった事に
    感謝しております!!

関連記事

no image

道路周辺の物の値段・価格

自動車事故の対応の仕事は、自動車同士の交通事故ばかりではなく自損事故の受け付けもたくさんありました。 電柱にぶつけたとか、中央分離帯に乗り上げたとかです。 自動車がぶつかった物に損傷が出なければいいの …

no image

損害保険会社が赤字決算

損害保険会社の去年度の決算が、東日本大震災の保険金支払いのため赤字になっています。 予想されていたことではあるけれど、各社とも相当な金額です。 ヤフーニュース、損保大手を震災が圧迫 11年3月期、NK …

no image

示談金とは

示談金とは、よく聞く言葉です。最近は振り込め詐欺で、身内を名乗り「交通事故を起こした。今すぐ示談金が必要なんだ」と言ってきたりとか。 でも、示談金は保険会社の自動車事故部門の仕事現場では、まったく聞か …

no image

物損事故と人身事故

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 自動車事故、交通事故というと、物損事故よりも人身事故の方がイメージされるかもしれませんね。 大きな事故なら怪我や死亡がありえますから。

no image

標識などの可視性について

道路標識は、見えてこそ標識。 当たり前のことなんですけど、冬の雪国では標識が雪に埋もれてしまって見えないことがしばしばあります。 北海道も今冬は前半は雪が少ないと思っていたら、2月に入ってからどかどか …