某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

交通事故 示談についての解説書

投稿日:2009年6月15日 更新日:

交通事故 示談へまでの道、すっかり久しぶりの更新となってしまいました。
交通事故の担当者を退職して時間が経ち、だんだんとかつて仕事の内容も忘れがちになっています。
交通事故示談慰謝料や裁判の判例などの基準も、保険会社で働いていた頃とは少しずつ変わってきているのだろうなと思います。
交通事故示談や過失割合、交通事故に関する法律知識をすっかり忘れてしまわないうちにと、ブログではなくHPサイトで「交通事故 示談までの道」の別館を作っています。そのうちお披露目できるはずです。
さて、交通事故示談では知識が最大の武器とは何度かお話をしました。
交通事故慰謝料なども知識と交渉次第では変わる可能性があります。今はインターネットの情報社会ですから、検索をすれば何でも知ることができます。
が、交通事故示談、慰謝料、判例などはどんなキーワードで探せばいいのか、見当もつかない方もいらっしゃると思います。
交通事故示談などの知識は、体系的にまとめられた専門的なサイトを見るのが一番ですけど、パソコンの画面ではゆっくり見るのも難しい時がありますよね。
交通事故示談に関する解説書をいくつか探してみたので、参考までにどうぞ。

交通事故示談、賠償・慰謝料に関する解説書です。ただ申し訳ないことに、私はこれらの本を手に取って読んだことはありません。だから「お勧め」はできないのですけれど・・・・。
交通事故示談慰謝料・賠償・保険など、タイトルやダイジェストを見る限りはよさそうな解説書をいくつか載せておきます。本ですので、値段もそんなに高くはありません。参考にしてみて下さいね。

[弁護士がきちんと教える] 交通事故 示談と慰謝料増額 (暮らしの法律)

加害者・被害者のための「交通事故」完全対応マニュアル―事故直後にやるべきことから示談交渉の進め方まで

交通事故!遭ったらすぐに役立つ本―被害者になったらどうなる、どうする

交通事故示談慰謝料に関する解説本は他にもあります。
交通事故」「交通事故 示談」などのキーワードで、リンク先のアマゾンで検索をしてみて下さいね。
交通事故の貴方の疑問、不安、不満が少しでも解決する助けになりますように。

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報
交通事故や保険に関するブログランキングに参加中です。
クリックするとこのブログを応援して下さったことになるので、宜しくお願いいたします。

-自動車事故部門の仕事


  1. 久しぶりの更新ですね(^-^)
    別館のホームページ楽しみにしてます☆

  2. 雨音 より:

    ガチャピンさん、お久しぶりですー。
    別館は、ブログの記事をほぼそのまま流用なので、目新しいことはないです(^^;
    ガチャピンブログはデザインが夏っぽくなってますね!
    しかし保険業界は、業務=日々勉強だったと改めて思い起こしています。
    私はもう保険の世界に戻ることはないと思いますが、ガチャピンさんの活躍をお祈りしております(><)b

  3. 三木 佳太 より:

    少し、保険会社の対応で不満があったのでここに来ました。私は先日、三井住友海上と人身事故の示談を締結しました。先方が信号無視で過失割合は当然100:0でした。事故日は2007年2月6日でした。物損事故の示談は先に終えましたが人身の示談の際、三井住友が弁護士に依頼したため私は弁護士と示談をしました。ところがその弁護士は私が自動車保険を契約しているあいおい損保の弁護士でもあり、数日前、あいおい損保に人身傷害、搭乗者保険の請求をしたのですがあいおい損保の回答は『弁護士と示談をしたのだから人身傷害は保険金は出ません。もし保険金が出るなら弁護士の提示した保険金額自体が間違っているということです。また搭乗者保険金については弁護士が90日の休業損害(主婦休損です)を認定しているようですので弁護士が認定した以上は出せません。だから搭乗者は90日です』という回答でした。私は少し腑に落ちないのですが…。またこの三井住友の顧問弁護士(あいおいの弁護士でもある)は示談の際、慰謝料は何日、休業損害は何日、という認定ではなく、合計金額での示談を提示してきました。ところが私があいおいに人身傷害を請求するために三井住友に依頼して作成してもらった損害計算シートには休業損害90日とちゃんと記載してあったとは…。またあいおい自体が弁護士が認定したものがあるならそれ以上の計算はできない…とは、合点がいかないです。搭乗者は仕方ないにしても人身傷害までも…納得できない!!

  4. 雨音 より:

    三木さま、こんにちは。
    07年2月の事故で示談交渉が先日まで続いたとのこと、大変でしたね。お見舞い申し上げます。
    示談書を取り交わして示談成立させてしまうと、撤回はなかなか難しいです。
    納得できないお気持ちはお察ししますが、私ではお役に立てそうもありません。

  5. はむ より:

    初めまして
    9・26に東名高速でバイク事故しまして…。
    10対0で加害者保険が提示してきて勝ったのは良いのですが、
    ボクの保険は10対0だと動かない保険でして、うまく現状復帰する手段がさっぱりです。
    いくつか質問がありまして。。。
    ①通院に対しての慰謝料は1日4200円?
    友達が1日7000はもらったと聞いたのですが、自賠責だと4200円。あと2800円は保険屋基準ってことですかね??
    ②物損害に対して、同じものを買いたいのですが・・・
    減価償却されると同じものが変えない事実。
    これは保険のダメなとこだと思うんですが、
    どう交渉すればいいんですかね?
    ボクの保険屋が言うには、「同じものを買いたいから買いに行かせてくれ。レシート後で送るので」と交渉するしかないと言われました。可能なのか不安です。。。
    服の価格が安いと人身賠償扱いにも出来るとかどっかで聞いたことあるんですが。。。
    ヘルメットとかもあるんで実際は8万ほどです。。。
    ③バイクが購入一ヶ月以内・・・
    ボクにとっては宝物のバイクなワケですが、
    買ってちょっとで事故車扱い・・・
    新車買い替えが出来ればと思うのですが・・・ボク自身が見ても全損じゃないんですよね・・・。事故車扱いになった価値に対しての保障ってムリなんでしょうか??
    新車にするにも時価分しかでないとか聞いたんですが。。。
    基本的に社則に従って交渉してるとは思うのですが、「Aを節約するからBの弁償金額を増やしてくれ」みたいなのって枠が違ったら無理な交渉なんですかね??
    できないかと思ってレッカー代金10万ほどケチって保険会社の負担減らしたんですが、
    交渉の武器にはならないのかな??・・・
    なんか深い質問すみません。。。

  6. 雨音 より:

    はむさま、はじめまして。
    交通事故の件、お見舞い申し上げます。
    買ったばかりのバイク、お怪我をなさったこと、とてもお気の毒です。
    保険会社は基本的に契約者の過失が0では動きません。
    ただし、過失に関係なく交通事故でけがをしたらお見舞い金が出る、という契約をしていればその分は支払われます。(搭乗者傷害保険)
    慰謝料は日額4200円は自賠責基準です。それ以上となると、任意保険が適用になった場合(=自賠責を超えた場合・・・・怪我の損害額が120万円以上)になると思います。あるいはご自身の保険で被害事故でも怪我をした時に保障が出るような契約内容にしてあるとかではないでしょうか。
    減価償却に関しては、民事上の規定でもあります。
    ただ、、あまりはっきりとは言えないのですが、損害額が少額(10万未満)なら減価償却を適用しない保険会社もあります。
    でもこれは自動車やバイク本体ではなく着衣などに限られるはず。
    「着衣損害」のキーワードで検索してみるといくつか例が出ます。
    バイクの損害は、事故車になった分の補償は保険会社は絶対といっていいほどしません。
    裁判に訴えればその限りではありません。
    http://koutsu-jiko-sc.seesaa.net/article/107037320.html
    この記事にて事故車の査定損について書いております。参考までに。
    私はもう退職してずいぶん経ちますので、あまり正確にはお答えできません。
    質問サイトや法律相談でご相談することをお勧めします。
    あまりお役に立てませんが、はむさまのお気持ちが和らぐ結果となるよう、お祈りします。

関連記事

no image

交通事故と小額訴訟

交通事故、特に物損事故では小額訴訟がしばしば行われています。 小額訴訟とは、損害賠償の請求額を60万円以下の金銭に限定した、簡易裁判です。 請求額が60万円を超える場合でも、1度の小額訴訟では60万円 …

no image

交通事故における交通弱者

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 交通弱者とは、大別して二通りの意味があります。 一つは自動車中心社会の中で移動に制約を受ける人々。 高齢者や子供、障害を持つ人などが当てはまります …

no image

全損になった時の示談

全損にも何パターンかありますが、対物賠償の全損の示談について書こうと思います。 対物賠償の全損は、修理費用が時価額を超えた状態のこと。 時価額とはその車の現在価値を金額にしたものです。 修理費用がいく …

no image

自動車保険と地震の被害

自動車保険と地震について。 自動車保険のうち、地震の被害を受けるのは自分の車です。 対人賠償や対物賠償は地震そのものでは普通は発生しませんよね。 地震で駐車していた車が動いて人を怪我させたり物を壊した …

no image

格落ち要求

にほんブログ村 保険情報 自動車事故部門の仕事で、時々あるトラブルに「格落ち要求」がありました。 交通事故で車が事故車になってしまって、査定額が下がったから、その分を補償しろ~! という、要求です。