某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

標識などの可視性について

投稿日:2009年2月23日 更新日:

道路標識は、見えてこそ標識。
当たり前のことなんですけど、冬の雪国では標識が雪に埋もれてしまって見えないことがしばしばあります。
北海道も今冬は前半は雪が少ないと思っていたら、2月に入ってからどかどかと降っています。雪かきが大変です。
道路は除雪車が入って除雪をしていくのですけれど、除雪の方法は道路上の雪を道路脇に積み上げて行くのが一般的。
積んだ雪をそのうちダンプカーが回収して雪捨て場(巨大な山になってます)に持って行くのですが、それまで道路脇の雪は2メートルを超えることも珍しくありません。
一時停止などの標識は、完全に雪に埋もれてしまいます。
こうなると、見えない標識になってしまいます。
標識は見えてこそその効力を発揮する、というのを「可視性」といいます。
冬の交通事故で標識が雪山に埋もれて見えなかった場合などは、標識の効力がない、つまり標識はもともとそこになかったと同様に扱い、過失割合も標識の無視によるマイナスはありません。
また、交差点においてどちらが優先道路かどうかを判断するのに、交差点内をセンターラインが貫通しているかどうか、というのがあります。
これも、道路が雪で覆われていて見えなければ優先道路とみなされず、過失割合に影響する場合があります。
道路の雪を掘り返して、センターラインが貫通してる!優先道路だ!という主張は通りません。といっても、明らかに道路幅が広いとかだと優先道路になりますけどね。
通勤などで毎日使う道路で、標識がそこにあると分かっていても、見えなければやっぱり標識は効力を持たないのでした。
雪国の冬の交通事故は特殊な例が多くて、判断に困ることが多かったです。(→スリップ事故とか
交通事故の過失割合に納得が行かない場合は、担当者によく説明を求めるか、弁護士に相談、もしくは法律系のサイトを見てみるとヒントがつかめるかもしれません。
余談ですが、冬の最初の頃、雪の降り始め、朝起きたら辺り一面道路も真っ白だった。ということがよくあります。
こういう時、タイヤを冬タイヤ(スタッドレス)に換えていないと、自動車通勤の人は焦ります。
でもいいや~とチェーンも巻かずに夏タイヤのままで運転して、交通事故に遭ったら、相応の準備をしていなかったということで過失割合に影響します。ご注意を。
これが朝、出る時はまだ雪がなくて、昼間から降ってきて、夜、帰宅しようとしたときに路面が雪になっていた。という場合は、やむを得ないので過失には影響しません。
何にせよ、春はもうすぐ。
保険会社のかつての同僚たちも、今が正念場とがんばっていることでしょう。

記事が参考になったり、北海道ってそんなに雪降るの?!と思った方は、下のリンクをクリックしてランキング応援してやって下さいね。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

-自動車事故部門の仕事


  1. white-maiden@ezweb.ne.jp より:

    こんにちわ(^O^)雨音さん和沙です。雨音さんって北海道の方なんですね~私は静岡なんですが、母方が北海道で、現在妹も北海道に住んでます(^O^)雪スゴそうですね~。と本題からそれちゃった。雨音さんには以前、示談した旨、お話してあると思いますが、示談後も体調が悪く通院してたのですが保険屋さんとグルと言われても仕方ない様な対応の病院はやめて、後遺症障害の申請も視野に入れて大きな病院から紹介を受けて新しい病院で治療を始めた矢先『この不況の中、仕事の効率悪いから辞めて下さい』と解雇されちゃいました…(ToT)それは仕方ないんですが、新しい病院さん曰く『事故の後遺症で治療する場合は届出をして下さい』と言われ早速市役所へ。渡された書類を見てビックリ!現在『国保』なので自己負担3割は良いとして、残り7割は加害者に請求が行く様になってるのんですよ( ̄□ ̄;)!それも市町村や社会保険事務所宛に一括で払うか分割か加害者が『誓約書』を書かされるんです。私は事故で保険屋さんともめたのはMS保険が初めてだったので、この様な体験も初めてで知らなかったのですが、雨音さんはご存じでしたか?

  2. 雨音 より:

    和沙さん、こんにちは。
    解雇って…かける言葉も思い当たりません。
    後遺障害については申込書が必要ですね。
    国保は第三者行為による障害については、自己負担以外を加害者に請求。知ってました。
    以前の記事に書いたことがあります。
    「人身事故の怪我の治療」
    http://koutsu-jiko-sc.seesaa.net/article/108410625.html
    保険会社がきちんと対応をしていれば、本人の健康保険を使うこともないんですけどね…。
    ここまで来たら、しっかりとした賠償を勝ち取って下さい(><)
    後遺障害とか難易度の高いことは詳しくないんですけど、応援しています。

関連記事

no image

自賠責と複数の加害者

自賠責保険(自動車賠償責任保険、強制保険)についてのお話を、共同不法行為の面からしてみます。 自賠責の概要についてはこちらの記事を、共同不法行為についてはこちらの記事をご参照いただければと思います。

no image

損害保険会社に就職・転職するには?

損害保険会社(損保会社)は、営業部門と事故受付部門(サービスセンター、SC)で成り立っています。 営業部門と事故受付部門の仕事内容はまったく違います。 営業は代理店と顧客(契約者)の獲得が仕事。 事故 …

no image

自動車保険と地震の被害

自動車保険と地震について。 自動車保険のうち、地震の被害を受けるのは自分の車です。 対人賠償や対物賠償は地震そのものでは普通は発生しませんよね。 地震で駐車していた車が動いて人を怪我させたり物を壊した …

no image

交通事故と小額訴訟

交通事故、特に物損事故では小額訴訟がしばしば行われています。 小額訴訟とは、損害賠償の請求額を60万円以下の金銭に限定した、簡易裁判です。 請求額が60万円を超える場合でも、1度の小額訴訟では60万円 …

no image

自動車事故の種類

にほんブログ村 保険情報 自動車事故部門で報告を受けた事故は、何種類かに分けられます。 大まかには2つあって、A事案・B事案と呼ばれていました。 A事案は、車両単独などの自損事故、契約者が追突をした1 …