某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

道路周辺の物の値段・価格、その2

投稿日:2009年2月3日 更新日:

自動車事故の相手物として、道路周辺の物も賠償の対象になることはひとつ前の記事でお話をしました。今回は少し補足を。
道路周辺の物、信号機や標識など公共機関が管理する物でも、壊してしまえば当然のことながら損害賠償をしなければなりません。
自動車事故、自動車の衝突で壊せば自動車保険から賠償できますが、そうでなければ個人賠償責任保険などを使うことになります。
自動車事故以外で道路周辺物を壊すケースはあまりないとは思いますけどね。(笑)
本当に正直な所を言うと、お役所はのんびりしているので、山奥の標識とか田舎道のガードレールとか、あまり人目に触れない場所の物は、そのまま忘れ去られる時もあります。
実際、北海道の冬の山道の事故で小型バスが道路から転落し、標識を折ってしまったことがありました。管轄の役所に連絡したら、その時は雪が深くて工事ができないという話をされ、春になって再度、お役所に連絡を取ったら。
「あー、そんなのもありましたっけ?」
という反応が返ってきて困ったことがありました。
保険会社の立場としては、一度受け付けた自動車事故の案件はきちんと示談解決しなくてはならないので、こちらで業者を手配してさっさと修理しておきましたが。
しかしお役所とは気まぐれなもので、そうやって事故を忘れたのかと思っていても突然、請求書なり、ひどい時は訴状や支払命令書みたいなものが送りつけられてくる時もあります。
そうなってから慌てないよう、やはり早めに損害賠償と示談を済ませて、すっきり清算しておいた方がいいと思います。

道路周辺物の値段、価格、金額についてつけたし。
信号機の本体は700万円くらいするそうです。高すぎです。
ガードレールは1mあたり2万円程度。
高速道路などの特殊なガードレールならば、割高になります。
歩道の縁石も一つ2万円くらい。
道路周辺の物は何もかも高額ですね。公共工事に巨額のお金が動くのに、納得がいきました。(苦笑)

この記事が参考になりましたら、ランキングの応援ワンクリックお願いします。
「交通事故 示談までの道」今日の順位は何位かしら。
人気ブログランキング保険 にほんブログ村保険

-自動車事故部門の仕事

関連記事

no image

ソニー損保の評判

ソニー損保の評判は、通販型自動車保険としてはどうなのでしょうね。 ソニー損保の評判、口コミで検索してみても、そんなに決定的なものは出てきませんでした。 いくつか共通していた評判は「交通事故に遭った時は …

no image

自動車保険と地震の被害

自動車保険と地震について。 自動車保険のうち、地震の被害を受けるのは自分の車です。 対人賠償や対物賠償は地震そのものでは普通は発生しませんよね。 地震で駐車していた車が動いて人を怪我させたり物を壊した …

no image

人身事故の示談と実況見分調書

実況見分調書とは、交通事故で人身事故を起こした場合、警察は刑事事件として事故直後に実況見分(現場調査)を行い、その結果を書面にまとめたものです。 実況見分調書は、後々の示談交渉や過失割合、損害賠償の根 …

no image

東日本大震災 損害保険の立場から

東日本大震災と名付けられた大地震が起きてから、2日少々経過しました。 ニュースを見てもあまりにひどい状況に絶句しています。 北海道は幸いにも被害は少なく、私の住んでいる地域では皆無でした。皆、日常生活 …

no image

保険会社のブラックリスト

自動車保険の事故対応部門では、何種類かのブラックリストがありました。 ブラックリストは、契約者、自動車の修理工場・整備工場、代理店といった関係先に設定がされていました。 保険契約者のブラックリストには …