某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

示談書と承諾書(免責証書)の違い

投稿日:2008年11月26日 更新日:

示談書承諾書免責証書)は、根本的には同じものです。
承諾書免責証書は言い方が違うだけで、まったく同じ書類です。どちらが正式な言い方というわけでもありません。
示談書承諾書免責証書)はどちらも、示談解決した内容を文書にして、当事者(と保険会社)で確認するための書類です。
示談書承諾書免責証書)の効力は同じ。どちらも、書面の内容に拘束力があります。
示談書と承諾書(免責証書)の違いは、書式にあります。
示談書の書式は、交通事故の当事者・双方をそれぞれ「甲」「乙」とし、過失割合、損害額、支払う金額、支払い方法などが記されます。
示談書は3枚つづりになっていて、当事者の双方が署名・捺印し、当事者と保険会社の三者で保管します。
賠償金の支払い方法は、お互いの支払額をそれぞれ払う「クロス払い」と、支払金額の多い方から少ない方を相殺、差し引いた額を、支払い額の少ない方(たいていは被害者)に支払う「相殺払い」があります。
承諾書免責証書)の書式は、加害者が被害者に対して支払う金額、賠償金額が記され、署名と捺印は被害者だけがします。
承諾書免責証書)も当事者双方と保険会社とで保管します。
示談書は、物損事故では過失割合が発生する交通事故では、保険会社から必ず発行していました。そういう決まりだったのです。
示談書は双方の署名と押印を必要とするため、取り付けに時間がかかるのが難点でした。
交通事故の当事者が双方ともその場で署名してくれればいいけれど、そんな機会は普通はなくて、たいていは郵送で一人ずつ署名・押印を頼み、送り返してもらっていましたから。
承諾書免責証書)は、物損事故では100:0、10対0の全面的な賠償の交通事故で使っていました。
承諾書免責証書)は、被害者の署名・押印のみで成立するため、示談書よりは支払いまでの手続きが素早くできました。
人身事故では加害者の任意保険会社が一括で対応することが多いため、承諾書免責証書)の使用が一般的とのことでした。
示談書承諾書免責証書)は、一定の記載項目や文言に決まりはあるけれど、それをクリアしていれば書式は自由です。
示談書承諾書免責証書)は、保険会社によって書式が少しずつ違いますが、内容も効力も一緒です。
示談書と承諾書、免責証書の違いはこんな感じです。
具体的な書式などは弁護士や行政書士、法律サイトに詳しく出ていますよ。
弁護士や行政書士のサイトでは、示談書承諾書の一般的な書式をダウンロードできるところも見かけましたので、見てみてはいかがでしょうか。
記事が参考になりましたら、ランキングの応援クリックお願いします。
ワンクリックいただけると順位がUP!
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

-自動車事故部門の仕事

関連記事

no image

示談金とは

示談金とは、よく聞く言葉です。最近は振り込め詐欺で、身内を名乗り「交通事故を起こした。今すぐ示談金が必要なんだ」と言ってきたりとか。 でも、示談金は保険会社の自動車事故部門の仕事現場では、まったく聞か …

no image

過失割合は保険会社の力量で決まる?

交通事故の過失割合は、判例タイムズの該当事故を参考にして決めます。 過失割合は、交通事故の不注意の責任を割合で表したもの。 過失割合に応じて損害賠償することを、過失相殺といいます。 判例タイムズは全国 …

no image

交通事故の著しい過失と重過失

交通事故の過失割合は、判例タイムズという本をもとにして示談交渉に臨みます。 交通事故の過失割合は、その交通事故の形態(右折車と直進車の交通事故など)によって基本の過失割合が決められています。 交通事故 …

no image

自動車事故部門の構成・物損グループ

にほんブログ村 保険情報 自動車事故部門は、多くの社員が仕事をしています。 それだけ多くの交通事故が日々、報告されているのです。 私の勤務していた会社では、課ごとに分かれていました。 さらにその中で物 …

no image

交通事故証明書とは?

交通事故証明書とは、警察が発行する書類で、交通事故の発生日時・場所・当事者名、事故車の登録番号(ナンバープレートの番号)などが記載された文書です。 交通事故証明書とは、名前の通り「交通事故が確かにあっ …