某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車保険について

他車運転とは

投稿日:2008年10月26日 更新日:

他車運転とは、他社運転特約他社運転危険担保特約などと呼ばれる特約です。
他車運転の特約の呼び名は保険会社ごとに少し違いますが、保障内容はほとんど同じです。
他車運転とは友人や知人など他人の自動車を運転していた時に、交通事故、自動車事故に遭って他人の自動車が壊れてしまい、修理が必要になった際、自分の保険を使って修理をするというものです。
他車運転は他人の自動車の修理費を出す他、交通事故の相手方への賠償も自分の保険から保険金を出すことができます。
他車運転は、他人の車を運転して壊してしまい、さらにその車の所有者の保険を使って等級を下げ、保険料が高くなってしまう・・・・という事態を避けることができます。
他車運転の使用条件などについて、ご説明しますね。


 
友人や知人、親戚などとレジャーに出かける時、彼らの車を出してもらって、時々、運転を交代することは、けっこうあるのではないでしょうか。
そういう時に限って事故ってしまったら、ごく少額の損害なら自腹で修理費を賠償、弁償するかもしれませんね。
でも、損害額が大きかったり、怪我をして人身事故になってしまったら、自動車保険を使わざるを得ません。
保険を使うと、等級が下がり保険料が高くなってしまいます。
自動車保険保険料とノンフリート等級についてはこちらの記事にて)
友達の車を交通事故で壊したりケガをさせたりした挙句、保険料まで高くなるなんて、肩身の狭い話です。
示談交渉も使う保険の契約者に対してされますから、事後処理のわずらわしさもついてきます。
他車運転は、他人の車を運転している時の事故でも自分の保険を使い、車を貸してくれた人にせめて保険料や示談交渉の面で迷惑をかけないための特約です。
他車運転特約、他車運転危険担保特約は、自動車保険を契約すると、自動的についてくる特約です。
他車運転の特約を使うには、それなりに条件があります。
★記名被保険者が個人であること。
 個人名義で契約した自動車保険でなければ、他車運転は使えません。
 会社などの法人名義の保険では適用外です。
★運転していた他の車が契約者の家族の所有ではないこと
 契約者本人と配偶者・同居の親族の所有名義、もしくは常時使用している車は他車運転の「他車」にあたらず適用外です。
★被保険自動車の用途車種が自家用8車種であること
 自分で契約した車両、借りていた他の車両、ともに自家用8車種と呼ばれる種類の車でなければなりません。
 用途車種とは普通乗用車や小型乗用車など、その車の用途や車種を分類して表したものです。
 用途車種は車検証(自動車検査証)の「自動車の種別」「用途」欄、または契約している保険証券にある被保険自動車の「車種」欄に記載されています。
 自家用8車種とは、以下の8種類を言います。
1自家用普通乗用車
2自家用小型乗用車
3自家用軽四輪乗用車
4自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
5自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
6自家用小型貨物車
7自家用軽四輪貨物車
8特種用途自動車(キャンピングカーなど)
 普通に個人所有の自動車ならば、たいていこのどれかに当てはまるでしょう。
 自家用8車種以外の車とは、2トン超の貨物車(トラック)やバイク・原付、営業用の車(緑のナンバープレート。タクシーなど)です。
★運転者が記名被保険者とその家族であること
 家族とは、契約者本人と配偶者、同居の親族、別居の未婚の子です。
 自分の保険契約に運転者の家族限定の特約をつけていなくても、他社運転の使用は家族限定になります。
 自動車保険の家族の定義については、こちらの記事を参照下さいませ。
★他の自動車の所有権利を持つ者の承諾を得て「運転」している時
 黙って勝手に借りた車で交通事故に遭っても、他車運転は使えません。
 ちゃんと承諾を得て運転席に座っていても、駐車中、停車中に生じた事故については免責です。
他車運転を使用する基本的な条件は、以上です。
他車運転の特約は、以上の条件を満たした上で、借りていた車を自分で保険契約している車と「みなして」その保険内容に従った、保険を使うことができます。
他車運転を使う際には、借りた車の保険内容は関係ありません。あくまで自分で契約している保険内容に応じた保障、賠償になります。
例えば、自分の自動車保険車両保険に加入していなければ、借りた車の修理費は出ません。借りた車に車両保険が加入されていてもです。借りた車を自分の車とみなしているからです。
自分の自動車保険が車対車A特約(エコノミー特約)をつけていた場合は、車両同士の接触事故に限り、借りた車の修理費が保険から出ます。電柱にぶつけたなどの自損事故の場合は、適用外です。
自分の自動車保険に免責金などが設定されていれば、その通りの適用です。
他車運転のそのほかの免責・無責は、それぞれの保険の種目と特約に準じます。
(免責・無責についてはこちらの記事をどうぞ)
ここからがちょっとややこしくなります。(汗)
他車運転は借りた他の車を自分の契約車両とみなして、自分の保険で補償・賠償をしますが、借りた他の車は車両保険ではなく対物賠償保険から保険金が支払われます。
借りた車の修理費を保険から出すには、自分の契約車に車両保険がついていないといけないのに、です。
どういうことさ?と言われますと。
他車運転の定義上は借りた車を自分の契約車両とみなすのですが、借りた車はあくまで他人の車です。
車両保険は自分の車を設定して契約し、その車限定で補償をする保険。自分の車のためだけの保険です。
対物保険は他人の財物に損害を与えた時、それを賠償する保険
そのため、借りた車は損害賠償の対象となり、対物保険での支払いになります。
対物保険の適用ということは、修理費の上限も時価額です。車両保険の協定価額ではありません。
また、他車運転の特約を使った場合には、基本的に代車は出ません。
・・・・ややこしい・・・・この説明で分かってもらえるかな・・・・。
要するに、他車運転は、運転中の他人の車を自分の車だったらと仮定する特約。
仮定して、自分の保険内容でどこまで保障できるかチェックした後は、他車運転の定義から離れて、他車運転のことはとりあえず忘れて、通常の交通事故と損害賠償の考え方に戻ります。
ということですっ。
他車運転を使用する案件の、自動車事故部門での対応は、以下の通りです。
他車運転が使えるかどうかの判断。(有無責判断)
他車運転の条件を満たしていたら事故を受け付け。
契約者(運転者)に連絡を取り、他社運転の説明。借りた車の持ち主が、承諾の上で車を貸したと署名捺印した書類の取り付けなど。
その後、通常の事故対応。
以上で、他車運転の大部分の説明は終わりです。
あとは他車運転特有の免責の項目ですが、車両保険対物保険、その他の種目の保険や特約に準じるものがほとんどです。
免責に引っ掛かるケースはあまりないと思うので、読み飛ばしても構いません。
興味のある方だけどうぞ(苦笑)
他車運転の免責。
★他車運転が適用される種目(対人賠償保険対物賠償保険人身傷害保険無保険車傷害保険車両保険、その他の特約)に定められた免責事項
★仕事中に、勤務先の会社名義の車を運転している時
 勤務先の車を自分の保険で補償はできません。
★契約者や家族が役員(理事や取締役)に就任している法人が所有する自動車を運転している時
 所有する自動車は1年以上のリース契約で借りた車を含みます。
 役員はその法人の代表者。
 つまりその法人の所有するものは自分のモノで、対物賠償にあたらないというわけ。
★自動車を修理や洗車で預かっている時、運転代行など自動車を取り扱う業務で運転している時
 こういった自動車業者の人たちには、自管賠(自動車管理者賠償責任保険)という、そういう時のための保険があります。
★契約者や家族が競技、曲技や試験のために運転している時
 普通の乗り方じゃないと免責なんです。
 他人の車を変な乗り方して事故って、それで他車運転を使うのは無理というものです。
他車運転特約、他車運転危険担保特約については以上です!
ややこしい長文を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
記事が参考になったら、ランキングの応援クリックしてやって下さいませ。
人気ブログランキング保険 にほんブログ村保険

-自動車保険について


  1. どれみ より:

    他車運転特約の「他の車」に該当するか教えてください。
    ○別居の未婚の子の車
    約款では
    所有または常時使用する車の場合は、その未婚の子が自分でその車を運転中のときに限り他の車に含まない
    とあるので、別居の未婚の子の車をたまたま親が運転中の事故は、親の保険の他車運転特約が使えるということでよいですよね?

  2. 雨音 より:

    どれみ様
    ご訪問&コメントありがとうございます。
    他者運転の適用については、ご契約の保険会社か代理店さんに問い合わせた方が正確です。
    保険会社によって微妙に約款が違ったりするので、私には何とも言えません。(汗)
    お役に立てなくて申し訳ありません。
    どうぞ宜しくお願いいたします。

関連記事

no image

加害者の補償をする保険

交通事故の被害者が正当な損害賠償を受けるのは当然ですが、加害者の補償も必要です。 ケガや後遺障害、死亡など。 加害者にも必要な補償はたくさんあります。 人身事故で自分が加害者となってしまった場合、保険 …

no image

免責とは

免責とは、と言っても色々な意味があるとは思いますが。 自動車保険の免責について、改めて整理してご説明しますね。 自動車保険の免責には、二通りの意味があります。 免責の一つ目の意味は、保険金の支払い対象 …

no image

自動車保険か自腹か

自動車保険の等級と保険料率・割引率は、以前の記事でご紹介しました。 保険を使うのと自費で修理費を支払うの、どちらがお得なのか考えてみたいと思います。

no image

自動車保険とは損害保険

にほんブログ村 保険情報 保険と一言で言っても、さまざまな種類があります。 損害保険は事故などで人・財物に被った被害を、被害を受けた分だけお金で補償する保険です。 自動車事故・交通事故で車が壊れたらそ …

no image

自賠責保険とは

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 自賠責保険とは正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といって、公道を走る自動車やバイク、原付すべてに加入が義務付けられている保険です。 強制保険とも …