某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

人身事故の怪我の治療について

投稿日:2008年10月21日 更新日:

交通事故自動車事故人身事故になり、ケガをしたら、加害者の刑事手続きと同時に、被害者は治療に専念します。
保険の使用、治療費の請求や注意点などをご紹介しますね。


 
交通事故のケガの治療には、労災保険(労働者災害補償保険)が適用になるなら労災保険を、そうでなければ健康保険を使用して下さい。
労災保険の適用範囲は、仕事中か通勤途上の事故であること。
プライベート時の交通事故なら健康保険ってことになりますね。
ちなみに労災と健保の二重取りはできません、あしからず。
交通事故の怪我では健康保険を使えない、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、交通事故での健康保険の使用は厚生労働省も推奨しています。
交通事故のけがでも、一定の手続きを踏めば健康保険の使用に問題はありません。
手続きは「第三者による傷病届け」といって、普通は任意保険会社(示談代行している保険会社)がやりますが、ご自分でする場合は健康保険証と印鑑、交通事故証明書を持参して、市役所国保年金課の窓口にて届け出を行います。
交通事故でのけがの治療は、健康保険を使わなければ自由診療になり、治療費が高額になります。
被害者でも当面の治療費を自分で持つこともあるし、過失相殺が出てきた場合を考えると、治療費は安いに越したことはありません。
健康保険の医療点数の単価は1点10円と定められていますが、自由診療は文字通り自由価格。
医療点数の単価が倍になることも珍しくないのですって。ボロ儲けですね。
病院側としては儲け、利益を考えると自由診療の方がお得ですから「交通事故では健康保険は使えません」と言ってくることもあります。
でも、健康保険の被保険者が保険証を出して健康保険での診療を希望した場合、病院はそれを断ってはいけないことになっています。
健康保険は使えません~なんて言われたら、根拠を聞いてみて下さいね。
交通事故で健康保険を使うと、立て替え払いということになります。
立替分は、健康保険組合から加害者(の保険会社)に請求をします。
この請求を求償といいます。
健康保険には求償権があるため、交通事故の被害でも健康保険が使えるのでした。
さて、治療をしながら加害者側の任意保険会社から、治療費や交通費、休業補償などの損害賠償を受けることになります。
過失割合などはまだ決まっていないと思いますが、支払はきっちりやってもらいましょう。
治療時の注意点は、各種の領収書は必ず保管すること。
保険会社に提出する書類は、コピーを取っておくこと。
タクシーでの通院や個室での入院はなるべくならしないこと。などです。
損害賠償としての通院の交通費は原則として公共交通機関のものですし、個室の入院も個室でない場合との差額が支払われるとは限りません。
タクシーや個室を使う場合は、医師からその旨の指示書を書いてもらうと安心です。
治療を続けて、ちゃんとケガが治るといいのですが、完全に良くなったと感じる前に、保険会社から治療費の打ち切りを言われることがあります。
その時の対応、その後の手続きはまた、別記事にて解説しますね。
記事が参考になったら、ランキングのクリックお願いします~。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

-自動車事故部門の仕事

関連記事

no image

示談金とは

示談金とは、よく聞く言葉です。最近は振り込め詐欺で、身内を名乗り「交通事故を起こした。今すぐ示談金が必要なんだ」と言ってきたりとか。 でも、示談金は保険会社の自動車事故部門の仕事現場では、まったく聞か …

no image

スリップ事故の過失割合について

スリップ事故についての概要というかあらましというか、とにかく雪国の人間には路面凍結は怖いことです、というような話は前の記事にてさせていただきました。 スリップ事故は単独(自損)事故ですらスゴイ動きでわ …

no image

リコールと自動車保険

トヨタのプリウスを始めとしたリコールがニュースを騒がせています。 自動車保険とリコールについて、少し。 トヨタ プリウスのリコールについての記事にて「リコールになるような欠陥を原因とする事故は、自動車 …

no image

新車要求

http://member.blogpeople.net/tback/01965

no image

事故担当者が選ぶ自動車保険

自動車事故部門の仲間たちと、自分の自動車保険の選び方を雑談したことがあります。 交通事故を多く見てきた人たちの保険や特約に対する評価、比較、おすすめです。 自動車保険の見積もり、選び方、見直しの参考に …