某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

交通事故の発生から損害賠償までの流れ

投稿日:2008年10月13日 更新日:

交通事故が発生してから、損害賠償をして、示談解決までの流れをご説明用と思います。
交通事故なんて人生で何度も起こるものではありませんから、手続きや示談がどのように進んでいるか、分からない方も多いと思います。
交通事故に遭われた方は、ご自分が今どこの位置にいて、何をするべきかの参考にして下さいね。


 
交通事故の発生から損害賠償、示談までの流れ~物損事故編。
1.交通事故の現場にて、事故状況を確認する
2.警察へ通報
3.保険会社へ交通事故の報告、連絡
4.保険会社の担当者から、交通事故の状況確認、過失割合などの説明
5.事故車両を入庫させ、損害額を確認
6.交通事故の当事者双方へ、過失割合や損害賠償額の提示
7.示談交渉
8.示談成立・解決 or 法的な相談機関や訴訟・裁判へ
交通事故の発生から損害賠償、示談までの流れ~人身事故編。
1.交通事故の現場にて、事故状況や自分、相手の怪我を確認
2.警察へ通報し、実況見分調書の作成
3.保険会社へ交通事故の通知
4.保険会社の担当者から、状況確認と今後の案内
5.怪我の治療、保険会社から治療費用や交通費・休業損害などの支払い
6.損害額の根拠の収集(診断書などの各種書類)、損害額の算定
7.自賠責保険への請求の有無
8.示談交渉
9.示談成立・解決 or 法的な相談機関や訴訟・裁判へ
物損事故と人身事故では、もちろん人身事故の方がたいへんです。
物損事故は「モノ」が壊れた事故。
モノは、修理したりお金に換えられるものがほとんどです。
でも、人間についてはそうはいきません。
重大なケガや後遺障害、死亡など、いくら金銭で賠償されても取り返しのつかないことがあると思います。
交通事故なんて、一生経験しないのがベストです。
記事が参考になりましたら、ランキングのクリック応援お願いしますね。
人気ブログランキング保険 にほんブログ村保険

-自動車事故部門の仕事


  1. 法人NO1 より:

    交通事故専門のブログって以外と少ないですね。これは本当に良い記事です。
    ありがとうございます。

  2. 雨音 より:

    こちらこそありがとうございます。

関連記事

no image

格落ち損害(評価損・事故落ち)の賠償

http://car.blogmura.com/rpc/trackback/92136/luoj3ylaxtuf

no image

全損について

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 全損。 自動車事故部門の物損担当者は、全損と聞くと溜息をつきます。 示談がもめる要因だからです。 全損にも2種類あって、車両全損と対物全損です。 …

no image

交通事故の3つの責任

交通事故、特に人身事故を起こした当事者は、3つの責任に問われます。 刑事上の責任、民事上の責任、行政処分です。 刑事上の責任は、交通事故のうち人身事故と一部の物損事故でその責任を負うことになります。 …

no image

人身事故の示談と実況見分調書

実況見分調書とは、交通事故で人身事故を起こした場合、警察は刑事事件として事故直後に実況見分(現場調査)を行い、その結果を書面にまとめたものです。 実況見分調書は、後々の示談交渉や過失割合、損害賠償の根 …

no image

示談書省略

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 示談は通常、示談書を作成します。 示談の内容を書面にまとめることで、どのような解決となったのか明確にするためです。 示談書を省略する場合もあります …