某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

過失割合は保険会社の力量で決まる?

投稿日:2008年9月26日 更新日:

交通事故過失割合は、判例タイムズの該当事故を参考にして決めます。
過失割合は、交通事故の不注意の責任を割合で表したもの。
過失割合に応じて損害賠償することを、過失相殺といいます。
判例タイムズは全国の交通事故の裁判の事例、判例を集約した本です。
法律的な根拠がある、ということになります。
過失割合は保険会社同士の勝手な基準で決めているわけではないのです。
でも時々、「過失割合は大きい保険会社の方が有利なの?」と聞かれることがありました。


 
保険会社の規模によって過失割合が有利、不利になることは、基本的にはないと思います。
ベテランの担当者と初心者担当者では、差が出るかもしれません。
交通事故の報告を受け付けた当初に契約者から聞き出す情報や、押さえておくポイント、示談交渉のテクニックなどで初心者はベテランにかなわないからです。
とはいえ、どちらも判例タイムズにのっとって過失割合を決めるわけですから、差が出るといっても多少のもの。
交通事故の内容によっては過失割合の差が出ようもない時もあります。
時には激しい応酬もあるけれど、不当なことまではしません。
保険会社の規模によって過失割合が変わるかもしれないのは、サポート体制の違いでしょうか。
大企業であれば、現場調査や検証、情報収集、各種調査などにも人手を割くことができます。
調査担当部署に依頼を出すと、現場の写真やスリップ痕、道路幅、周囲の様子、目撃者の証言などの情報がレポートにまとめられ、担当者に渡されます。
それで契約者に有利な情報を集め、示談交渉が進められます。
状況不一致の時などは特にそうですね。
不利な情報が出てしまったら…指摘されない限り黙っておきます(苦笑)
裁判、訴訟になった場合も、弁護士を紹介したり、相談に乗ったり同席したりなどのフォローをします。
とある自動車共済では、どうやら担当者が一人しかいないらしく、どの案件で電話してもその人が担当として出てきていました。
そういう小さなところでは、どこまでサポートできるのか疑問です(^^;)
保険会社によって過失割合に差が出る可能性は、こんなところでしょうか。
どこの保険会社が有利ということもないので、自動車保険に加入する際にそこまで心配する必要はないですヨ。
記事が参考になったら、下のリンクをクリックして応援お願いします~。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

-自動車事故部門の仕事

関連記事

no image

高齢者の交通事故

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 高齢者の交通事故が増えています。 自動車事故部門で働いていた時も、70~80代の高齢者ドライバーの事故案件がけっこうありました。 しかも、高齢者の …

no image

自動車保険の値上げ

自動車保険が値上げするようです。 自動車保険の中でも、自賠責保険料の値上げは以前の記事でもお伝えしましたが、今度は任意保険料も値上げされるとか。 2011年1月の経済紙に、大手損保会社3社が自動車保険 …

no image

示談書省略

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 示談は通常、示談書を作成します。 示談の内容を書面にまとめることで、どのような解決となったのか明確にするためです。 示談書を省略する場合もあります …

no image

高額の物損事故

自動車保険の対物賠償保険はほとんどの方が加入していると思います。 対人賠償保険は人のケガや後遺症、死亡に対して損害賠償する保険。 対物賠償保険は、人以外の「モノ」を壊してしまった時に損害賠償をするため …

no image

交通事故の示談の時効

交通事故の示談にも時効は存在します。 交通事故の示談の時効を過ぎてしまうと、損害賠償請求権が消滅してしまいます。自動車保険からもお金が出なくなります。 時効は時効が成立した時点で損害賠償請求ができなく …