某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

格落ち損害(評価損・事故落ち)の賠償

投稿日:2008年9月23日 更新日:

格落ち損害評価損事故落ちともいいます。
交通事故や自損事故で車に事故歴がついてしまった場合、査定額(下取り価格)が下がることをいいます。
本来はボディやフレーム、足まわりなど駆動走行系の修理など、損害の規模がひどく修理の程度も広い場合にのみ「事故車」に該当するものです。
しかし、日本では事故に遭った自動車を極端に嫌う傾向があり、ごく軽微な損害(ライトなどの交換程度)以外は事故車扱いされ、査定額が下がるのが現状です。


 
格落ち評価損事故落ち)は厳密な意味では「修理が技術的に完全に行われても、完璧に復元することのできない機能や耐久性の低下がある場合、その低下に対して、交通事故にあわなかったと仮定する場合との評価価値の差額」をいいます。
が、上記で紹介したようにもっと軽い損害でも格落ちが指摘されています。
格落ちはもちろん、交通事故過失割合に関係なく発生します。
むしろ被害事故で起こることが多いかもしれません。
では、損害賠償として格落ち損害を保険会社に示談交渉し、請求できるでしょうか?
答えは、NOです。
保険会社はごく一部の例外を除いて絶対に格落ちを認めません。
例外とは、2か月以内くらいの新車で、上記の厳密な意味での事故車に該当する場合。
またはその車が売却決定済みで、契約書に金額まで出ていたが、事故のために価格が下がった場合です。
「そろそろ売ろうと思っていた」程度では保険会社は応じません。
原状回復やら将来への補償はできないやらと断られます。
そうなると加害者へ請求となりますが、これまた「保険に任せているので」と断られることが多いです。
それでは格落ち損害は損害賠償に当たらないかと言うと、そうではありません。
裁判の判例では多く認められています。
判例上、一律に定まったものはありませんが、格落ちの判例としては以下の例が認められています。
★格落ちを交通事故直前の価格と修理後の査定価格(下取り価格)との差額とした例
★修理費の15%~30%程度の額とした例
★財団法人日本自動車査定協会の査定を参考に、格落ちの具体額を認めた例

財団法人日本自動車査定協会は公的な機関で、査定士が交通事故にあった現車を直接確認し、格落ちが出るとされると「事故減価額証明書」を発行してくれます。
事故減価額証明書は、評価目的、評価額、評価方法等が記載されています。
事故減価額証明書を入手するには、協会に問い合わせをして状況を伝えます。
次に最寄りの協会支所に車を持ち込み、査定してもらいます。
これで後日、事故減価額証明書が発行され、郵送されてきます。
事故減価額証明書の発行には修理見積書(写し)、事故発生の場所や日時、状況と、証明手数料が必要になります。
保険会社に事故減価額証明書を持参、提出して示談交渉しても、やはり断られるでしょう。
交通事故紛争処理センターなどで相談してもいいですが、格落ち損害の賠償を受けるには、裁判に訴えるのが最良と思います。
裁判と言うと「そこまでしなくても…」と腰が引けがちですが、小額訴訟であれば費用も手間もそれほどかけずに行うことができます。
小額訴訟は賠償請求額を60万円限度とした簡易裁判です。
交通事故ではよく行われています。
小額訴訟については、また別記事で解説しますね。
格落ち損害は、事故減価額証明書、修理明細書、交通事故車と同程度の格落ち損害を認めた判例などを証拠と根拠に争うことになると思います。
余談ですが保険会社は裁判に慣れているので、「訴えてやる!」と脅しをかけても「どうぞ?」くらいに流されます(笑)
裁判では、格落ち損害を認定した判例は多くあります。
格落ち損害の金額が大きい場合、納得できない場合は、事故減価額証明書などの証拠書類を取り付けの上、訴訟へGO!です。
↓↓交通事故・保険の情報はこちらにも満載。見てね。↓↓
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

-自動車事故部門の仕事
-


  1. 川田慎也 より:

    はじめまして。
    川田と申します。
    格落ちに関して調べていたところ、雨音
    さんのサイトにたどり着きました。
    書き込み失礼いたします。
    今年の夏に10:0の事故が発生し、格落ちを請求中ですが、保険会社はやはり支払わないとのことなので4日に紛争処理センターに行ってきます。事故減価額証明書・判例等書類は一式そろえてますが、何かアドバイス等あればいtだきたいと思っております。
    ちなみに車は、マツダcx-7・走行距離17000新車購入より1年半経過・修理金額約40万の案件です。

  2. 雨音 より:

    お返事が遅くなり、申し訳ございません。
    夏の事故が未解決・・・・大変ですね。
    紛争処理センターでの示談斡旋には、保険会社は従う義務がありますので、きちんと補償を受けられるよう願っております。

関連記事

no image

お正月あけの交通事故ラッシュ

お正月休みも明日で終わり、という方も多いでしょうね。 交通事故の担当をやっていたころは、お正月明けが一年で最もキツい時期でした。(^^; 損保会社のお正月休みは、12月31日から1月3日まで。土日にか …

no image

交通事故の発生から損害賠償までの流れ

交通事故が発生してから、損害賠償をして、示談解決までの流れをご説明用と思います。 交通事故なんて人生で何度も起こるものではありませんから、手続きや示談がどのように進んでいるか、分からない方も多いと思い …

no image

交通事故 示談までの道 はじめに

「自動車保険 交通事故 示談までの道」のブログへご訪問いただき、ありがとうございます。 この記事は常に一番上に表示されるよう、日付を変えてあります。 最新の記事は一つ下からご覧下さい。 また、主だった …

no image

交通事故と弁護士

交通事故の示談は、法律行為にあたります。 そのため、基本的に交通事故の示談は当事者同士か弁護士しか行うことができません。 保険会社の示談は「示談代行」で、法律としては例外的なことなのです。(詳しくは「 …

no image

追突事故と過失

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 追突事故は、普通、追突した方に100%の過失、100:0の全面賠償になります。 ただ、追突事故でも双方に過失責任が出る場合があります。