某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車保険について

自動車保険と等級

投稿日:2008年9月18日 更新日:

自動車保険のノンフリート契約には「等級」が設定されています。
ノンフリート契約は契約者の所有車数が9台以下の契約です。
10台以上になるとフリート契約といって、等級の適用はない契約になります。
等級は1等級から20等級まであって、高い等級ほど割引率も高くなっています。
つまり、等級が上がると保険料が安くなるわけですネ。


 
 
新規で自動車保険を契約すると、だいたい6等級か7等級からスタートします。
自動車保険は基本的に契約期間が1年間。
1年ごとに契約を更改(更新)します。
1年間の契約期間中、一度も交通事故がなかった…あるいは、事故があったけど保険金を請求しなかった(保険を使わなかった)場合、次の契約で1等級上がります。
でも交通事故に遭って保険を使うと、3等級下がります。
これが基本の仕組みです。
「カウント事故」とも言います。
等級は高いほど割引率が高くなりますが、14等級くらいからはその差は小さくなります。
最大割引は60%。
20等級でさらに無事故でいると、長期優良割引5%がついていました。
反対に、等級が低いと割引率の変動も大きくなります。
一覧表にするとこんな感じ。
自動車保険 等級割引率 一覧表
無事故の優良ドライバーほど保険料が安くなるわけですね~。
3等級以下は割引どころか割増になってます。
等級と損害額によっては、保険を使わず自己負担をした方がお得な場合もあります。
小さい金額なら等級の割引率の方を考えると、長期的に安上がりになるってことです。
高い保険料払うよりは安い損害を自腹っちゃえってことですね。
この辺、もう少し詳しい話があるので、また別の記事で。
ちなみに、1等級でさらに交通事故を起こしたら、原則として次年度の契約更新はお断りするのでした。
さて、等級の基本の仕組みに加えて、もう少し等級の要素があります。
一つ目は「等級プロテクト特約」。
交通事故にあって保険を使っても、等級が下がらない特約です。
ただし1年度内に1度のみの適用で、1年度内に2度以上の事故を起こした場合は普通に3等級下がります。
ついでに、等級プロテクト特約で等級を下がらなくしても、次年度の等級は上がらず、据え置き扱いになります。
二つ目は「等級据え置き事故」。
三つ目は「ノーカウント事故」。
これらはまた別の記事で解説したいと思います。
右の検索ボックスから探してみて下さいね。
保険料は等級だけで決まるものではありません。
他にも色々と要素があります。
詳しくは、自動車保険の見積もりサイトなどでシミュレーションしてみて下さいな。
こちらにも保険の情報がいっぱい!見て行ってね。
にほんブログ村保険情報  人気ブログランキング保険情報

-自動車保険について
-

関連記事

no image

自動車保険の家族の定義

自動車保険の運転者限定特約に、家族限定、というのがあります。 運転者を限定することで、交通事故のリスクを減らすため、保険料が安くなります。 家族以外の人が契約車両を運転して交通事故を起こしても、保険の …

no image

免責とは

免責とは、と言っても色々な意味があるとは思いますが。 自動車保険の免責について、改めて整理してご説明しますね。 自動車保険の免責には、二通りの意味があります。 免責の一つ目の意味は、保険金の支払い対象 …

no image

保険のお金用語

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 超基礎的な用語です。 保険料… 契約者が保険会社に払うお金。掛け金。 保険金… 保険会社が契約に基づいて支払うお金。契約者や被害者、指定の者に支払 …

no image

車両保険と全損

車両保険は、自分の車の補償をする保険です。 相手の車やモノを賠償する対物賠償保険とはまた違った性質を持つ保険です。

no image

自動車保険の変な特約

自動車保険にはさまざまな特約があります。 自動車保険の特約は、細かいニーズに合わせて補償内容や保険料を調節するためのもの。 でも、中には本当に需要あるの?と疑ってしまうような特約も存在します。