某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

交通事故における交通弱者

投稿日:2008年9月17日 更新日:

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報
交通弱者とは、大別して二通りの意味があります。
一つは自動車中心社会の中で移動に制約を受ける人々。
高齢者や子供、障害を持つ人などが当てはまります。
二つ目は交通事故においての交通弱者です。


 
 
交通事故では自動車(四輪車)が最も強者です。
対して弱者は、バイク(単車)→自転車→歩行者の順に交通弱者となっています。
歩行者のうち、子供や高齢者、障害を持つ人などはさらに「弱い」とされます。
同じ交通事故形態でも、自動車同士の事故と交通弱者との事故では過失割合が違ってきます。
自動車側により大きな過失が出るのです。
交通事故において、交通弱者は被害を受けやすい立場にあります。
強者である自動車の運転者は、交通弱者に特に気をつけて運転しなければなりません。
自動車中心社会の中で、強者は弱者を守る義務があるのです。
判例タイムズにも過失割合の要因として掲載されています。
車は凶器、あるいは走る棺桶などと呼ばれます。
便利さも安全と安心があってこそ。
安全運転をして、万が一の場合に備え任意保険に加入しておいて下さいね。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

-自動車事故部門の仕事
-

関連記事

no image

示談書省略

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 示談は通常、示談書を作成します。 示談の内容を書面にまとめることで、どのような解決となったのか明確にするためです。 示談書を省略する場合もあります …

no image

交通事故の現場調査

自動車事故部門で報告を受け付けた交通事故は、場合によっては現場調査を行うことがあります。 警察の人身事故の調査とはまた別の、保険会社の独自の調査です。 交通事故の当事者同士の主張する状況が一致しなかっ …

no image

標識などの可視性について

道路標識は、見えてこそ標識。 当たり前のことなんですけど、冬の雪国では標識が雪に埋もれてしまって見えないことがしばしばあります。 北海道も今冬は前半は雪が少ないと思っていたら、2月に入ってからどかどか …

no image

自動車事故の種類

にほんブログ村 保険情報 自動車事故部門で報告を受けた事故は、何種類かに分けられます。 大まかには2つあって、A事案・B事案と呼ばれていました。 A事案は、車両単独などの自損事故、契約者が追突をした1 …

no image

10対0の事故でも契約者が認めなければ?

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 一方的に過失責任の出る事故(10対0の事故、100:0事故)でも、加害者が自分の責任を認めなければ、保険会社は動けません。 たとえば100:0の代 …