某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

過失割合とは

投稿日:2008年9月17日 更新日:

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報
過失割合とは、交通事故における双方の責任の度合いを割合であらわしたものです。
過失、という言葉は業務上過失致死とか、自動車運転過失致死傷罪とか、マイナスイメージが強すぎるため、「不注意の度合い」などと説明していました。
割合によって、損害賠償の金額を過失相殺します。


 
 
たとえば、契約者の過失が3割、相手方の過失が7割の場合。
3:7、3対7などと言う言い方をします。
5%刻みの時もあるので、75:25とかもあります。
10対0ではなく100:0(ひゃくゼロ)と言うのもこの理由から。
自分(自社契約者)の過失割合を先に言います。
契約者の損害額が100万円、相手方の損害額が80万円だったとします。
契約者は相手方損害額の3割、80×30%の24万円を相手方に支払います。
相手方は契約者損害額の7割、100×70%の70万円を契約者に支払います。
こうして、お互いの過失割合の分を負担するのが過失相殺です。
支払い方は、契約者・相手方に上記の金額をそのまま支払う場合(クロス支払い)、金額の大きい方から小さい方を差し引いて支払う場合(相殺払い)があります。
物損事故では、支払先は修理工場の場合が多いです。
修理費をそのまま損害賠償金として支払うわけですね。
修理工場に支払う時は、クロスが多かったです。
逆に契約者や相手方に直接支払う時は、相殺払いが主でした。
過失割合や損害賠償金額、支払方法などは示談書にもまとめられます。
示談解決し、支払い手続きが終了すればその案件は完了。
担当者にとって、一番ほっとする瞬間です。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

-自動車事故部門の仕事

関連記事

no image

交通事故の示談の時効

交通事故の示談にも時効は存在します。 交通事故の示談の時効を過ぎてしまうと、損害賠償請求権が消滅してしまいます。自動車保険からもお金が出なくなります。 時効は時効が成立した時点で損害賠償請求ができなく …

no image

事故担当者が選ぶ自動車保険

自動車事故部門の仲間たちと、自分の自動車保険の選び方を雑談したことがあります。 交通事故を多く見てきた人たちの保険や特約に対する評価、比較、おすすめです。 自動車保険の見積もり、選び方、見直しの参考に …

no image

交通事故 示談までの道 はじめに

「自動車保険 交通事故 示談までの道」のブログへご訪問いただき、ありがとうございます。 この記事は常に一番上に表示されるよう、日付を変えてあります。 最新の記事は一つ下からご覧下さい。 また、主だった …

no image

示談書と承諾書(免責証書)の違い

示談書と承諾書(免責証書)は、根本的には同じものです。 承諾書と免責証書は言い方が違うだけで、まったく同じ書類です。どちらが正式な言い方というわけでもありません。 示談書と承諾書(免責証書)はどちらも …

no image

交通事故の状況図

自動車事故部門に交通事故の報告が入ると、担当が決まります。 その交通事故の担当は、最初に交通事故の受付をした受付書をもとに、契約者や相手方に連絡を取り、交通事故の状況を確認します。 示談交渉の第一歩、 …