某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

高齢者の交通事故

投稿日:2008年9月15日 更新日:

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報
高齢者の交通事故が増えています。
自動車事故部門で働いていた時も、70~80代の高齢者ドライバーの事故案件がけっこうありました。
しかも、高齢者の交通事故はしばしば損害が大きくなりがちでした。
注意力低下が主な原因でしょうか。
私の担当だった事故案件に、70代後半のおじいちゃんドライバーの交通事故がありました。
彼の車はセンターラインをはみ出し、完全に越えて対向車線を走りました。
前から走行してきた対向車と、正面衝突は何とか避けたのですが、車体側面に大きな損害が出ました。
おじいちゃんと、同乗していた奥さんも怪我をしました。
おじいちゃんに連絡を取った時、
「どうして対向車線に出てしまったのですか?」と聞くと、
「何となく…」
との答え。何度聞いても分からない、何となく、と。
事故の相手方にも「なんで対向車線を走ってたんだ!」と言われ、その旨を伝えると、「ふざけるな!!」と怒り心頭の様子でした。
こういうケースも注意力の低下なのでしょうか…。
また、80代のおじいちゃんの交通事故案件では、毎回必ず「何の話だったっけ?」と聞かれました。
いつも最初から説明します。
ひどい時には、何度も連絡を取っているのに「どちら様?」と。
毎度毎度そうなので、ひそかに「リセットじいさん」と呼んでいました(ごめんなさい)。
この方は認知症だったのかなあと思います。
私の担当ではなかったのですが、70代の運転者が奥さんと孫を乗せて交通事故に遭い、奥さんは死亡、孫は頭を強く打って一時意識不明、本人も両足を骨折という痛ましい案件もありました。
過去の統計を見てみても、高齢者の自動車事故交通事故は確実に増えています。
運転免許の更新やシルバーマークなど、行政面の対策も取られていますが、まだまだ遅れているように思います。
高齢者ほど、「足」として自動車が必要なのは分かります。
けれど出来れば、運転を控えた方がいいのではと思う次第です。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

-自動車事故部門の仕事
-

関連記事

no image

交通事故の発生から損害賠償までの流れ

交通事故が発生してから、損害賠償をして、示談解決までの流れをご説明用と思います。 交通事故なんて人生で何度も起こるものではありませんから、手続きや示談がどのように進んでいるか、分からない方も多いと思い …

no image

無過失主張

にほんブログ村 保険情報 自動車事故の担当をしていると、しばしば示談が難航します。 その原因の一つが「無過失主張」。 双方に過失責任が出る交通事故で、自分に過失はないと主張することです。 ゼロ主張とも …

no image

弁護士法と示談代行

保険会社は、交通事故を起こした契約者に対して、示談の代行を行います。 示談代行は、任意の自動車保険のサービスです。 ただし示談の代行は、加害者・被害者の双方に過失責任が出る場合に限ります。 100:0 …

no image

自動車保険と盗難

自動車保険の車両保険では、盗難の被害も補償の対象になります。 ただしそれなりに条件があったりします。 車両保険で盗難がどこまで補償されるのか、条件などのご紹介をしてみますね。

no image

交通事故における交通弱者

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 交通弱者とは、大別して二通りの意味があります。 一つは自動車中心社会の中で移動に制約を受ける人々。 高齢者や子供、障害を持つ人などが当てはまります …