某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

10対0の事故でも契約者が認めなければ?

投稿日:2008年9月13日 更新日:

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報
一方的に過失責任の出る事故(10対0の事故、100:0事故)でも、加害者が自分の責任を認めなければ、保険会社は動けません。
たとえば100:0の代表的な交通事故追突事故の場合。
加害者…契約者には100:0事故であることを説明し、全面賠償の手続きを取ることの了承を得るのですが、たまに100:0を認めたがらない人もいます。
そういう時、事故担当者は100:0を認めなければ保険会社は動けず、交通事故の相手方(被害者)への対応もできないことを説明します。
保険会社の見解と契約者の意向が一致しなければ、示談代行はできないのです。
契約者の意向の方が重視され、保険会社の見解は説得するしかありません。
以前の記事にも書いた、無過失主張(ゼロ主張)もそういった理由もあります。
無過失主張については法律上の問題もあるのですが…それはまた今度。
 →弁護士法と示談代行の記事にて解説
示談とは交通事故賠償などの民事上の争いを、裁判外で、当事者間の話し合いにより解決すること。
厳密には保険会社は当事者ではないのですが…。
一度示談が成立すれば法的な効力を発します。
それだけに示談は双方がしっかり納得するまで交渉をしなければなりません。
くれぐれも、後で後悔することのないよう、きちんと説明を受けて下さいね。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

-自動車事故部門の仕事
-

関連記事

no image

高額の物損事故

自動車保険の対物賠償保険はほとんどの方が加入していると思います。 対人賠償保険は人のケガや後遺症、死亡に対して損害賠償する保険。 対物賠償保険は、人以外の「モノ」を壊してしまった時に損害賠償をするため …

no image

交通事故の判例タイムズとは

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 判例タイムズという本をご存知ですか? 法律実務家(弁護士とか裁判官)向けの全国の裁判例などの情報を掲載した雑誌です。 このうち、自動車保険事故部門 …

no image

交通事故における交通弱者

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 交通弱者とは、大別して二通りの意味があります。 一つは自動車中心社会の中で移動に制約を受ける人々。 高齢者や子供、障害を持つ人などが当てはまります …

no image

標識などの可視性について

道路標識は、見えてこそ標識。 当たり前のことなんですけど、冬の雪国では標識が雪に埋もれてしまって見えないことがしばしばあります。 北海道も今冬は前半は雪が少ないと思っていたら、2月に入ってからどかどか …

no image

交通事故の相談窓口 日弁連交通事故相談センター

日弁連交通事故相談センターは、全国各地の弁護士会が協力する交通事故の専門の相談施設です。 弁護士による交通事故の相談、示談の斡旋、審査を無料で行っています。 日弁連交通事故相談センターは、当事者同士や …