某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

自動車事故部門の構成・物損グループ

投稿日:2008年9月5日 更新日:

にほんブログ村 保険情報
自動車事故部門は、多くの社員が仕事をしています。
それだけ多くの交通事故が日々、報告されているのです。
私の勤務していた会社では、課ごとに分かれていました。
さらにその中で物損事故グループと人損事故グループに分かれ、さらにさらにそれぞれのグループの中でチームが組まれる…という構成です。
トップは課長。
課長代理、次席などが管理職になります。
彼らは総合職と呼ばれる職分でした。
私が在籍していたのは物損グループです。
ここでは、自動車やその他の物について査定や賠償示談交渉の代行を行っていました。
人間、対人の対応・賠償示談は、人損グループで担当します。
なので、1つの事故でも、自動車担当とケガ担当の2人の担当者がつくことが前提でした。
物損グループ内のチームは、技術アジャスターと呼ばれる職分の人たちがリーダーをやっています。
その下に、私たち業務職という職分の社員が配置されていました。
業務職は全て女性。
いわゆる平社員です。
技術アジャスターは私が知る限り全員、男性で、業務職の直属の上司になります。
彼らは自動車の構造に詳しく、損害額の査定も仕事です。
また、業務職では対応が難しい事案の引き上げもしていました。
にほんブログ村 保険情報

-自動車事故部門の仕事
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

スリップ事故の過失割合について

スリップ事故についての概要というかあらましというか、とにかく雪国の人間には路面凍結は怖いことです、というような話は前の記事にてさせていただきました。 スリップ事故は単独(自損)事故ですらスゴイ動きでわ …

no image

人身事故の示談と実況見分調書

実況見分調書とは、交通事故で人身事故を起こした場合、警察は刑事事件として事故直後に実況見分(現場調査)を行い、その結果を書面にまとめたものです。 実況見分調書は、後々の示談交渉や過失割合、損害賠償の根 …

no image

ソニー損保の評判

ソニー損保の評判は、通販型自動車保険としてはどうなのでしょうね。 ソニー損保の評判、口コミで検索してみても、そんなに決定的なものは出てきませんでした。 いくつか共通していた評判は「交通事故に遭った時は …

no image

無過失主張

にほんブログ村 保険情報 自動車事故の担当をしていると、しばしば示談が難航します。 その原因の一つが「無過失主張」。 双方に過失責任が出る交通事故で、自分に過失はないと主張することです。 ゼロ主張とも …

no image

交通事故の相談窓口 日弁連交通事故相談センター

日弁連交通事故相談センターは、全国各地の弁護士会が協力する交通事故の専門の相談施設です。 弁護士による交通事故の相談、示談の斡旋、審査を無料で行っています。 日弁連交通事故相談センターは、当事者同士や …