某大手損害保険会社の自動車保険部門サービスセンター(SC)で働いていた時の備忘録。
仕事で得た知識を書き留めています。
自動車保険の補償内容、特約について。
交通事故の示談代行の実務について書いています。

自動車事故部門の仕事

自動車保険事故部門

投稿日:2008年9月5日 更新日:

にほんブログ村 保険情報
私は、某大手損害保険会社の自動車事故部門で働いていました。
事故部門はサービスセンター(SC)と呼ばれています。
自動車事故交通事故に遭った保険契約者から事故の報告受付をして、解決まで導く仕事でした。
事故といっても様々で、自動車同士の事故から、自動車とバイクの事故、自動車と人(対人)や自転車の事故、自動車をモノにぶつけてしまった事故など、事故の事案は多岐にわたります。
保険契約の内容に沿って、事故相手との示談代行がメインでした。
その他、事故車の査定の依頼を出したり、修理工場や保険代理店との折衝もありました。
事故の損害額が確定し示談解決となったら、保険金を契約者が指定する口座へ振り込みで支払います。
これで、1事故案件の解決になります。
にほんブログ村 保険情報

-自動車事故部門の仕事
-


  1. http://blogs.yahoo.co.jp/ptsd0301
    ブログをご覧になり、どうかお知恵をおかしください。おねがいいたします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

人身事故の示談と実況見分調書

実況見分調書とは、交通事故で人身事故を起こした場合、警察は刑事事件として事故直後に実況見分(現場調査)を行い、その結果を書面にまとめたものです。 実況見分調書は、後々の示談交渉や過失割合、損害賠償の根 …

no image

交通事故の原因

交通事故は、誰だって起こしたくて起こすわけではありませんよね。 交通事故にはそれぞれ原因があります。 交通事故の原因などというと大仰な感じですが、実はちょっとした不注意がほとんど。 交通事故の過失割合 …

no image

全損について

にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報 全損。 自動車事故部門の物損担当者は、全損と聞くと溜息をつきます。 示談がもめる要因だからです。 全損にも2種類あって、車両全損と対物全損です。 …

no image

交通事故と弁護士

交通事故の示談は、法律行為にあたります。 そのため、基本的に交通事故の示談は当事者同士か弁護士しか行うことができません。 保険会社の示談は「示談代行」で、法律としては例外的なことなのです。(詳しくは「 …

no image

リコールと自動車保険

トヨタのプリウスを始めとしたリコールがニュースを騒がせています。 自動車保険とリコールについて、少し。 トヨタ プリウスのリコールについての記事にて「リコールになるような欠陥を原因とする事故は、自動車 …